2018年12月28日

12月28日(金)の鳥見 今週の振り返り  

【総括】
 ・今週も鳥見はできず、かろうじて近所の(山の手の)沼で1時間のみ。

【今週の「みーつけた」一覧】   
  

【今週の鳥の記録写真】
 ポピュラーな水鳥だけですがいちおう・・・
◇オオハクチョウ / パンを与えている人がいて集まっていた
◇マガモ / つがいがチラホラ
◇ミコアイサ / あまりなつかない、パンを食べに近づいてはこない  
    

◇カワアイサ / ♂♀ともいた
◇オオバン / これもよくみるけど
      


Posted by OOAKAGERA at 18:27

2018年12月26日

12月26日(水)の日記 宮城県内の探鳥地紹介の本

 宮城県内の探鳥地について詳細な説明を記したガイド「宮城の探鳥地」が発売された。
 初めてこれらの探鳥地を訪れる時には大変参考になる。冬の宮城の代表、ガン類の観察地伊豆沼・蕪栗沼・南三陸沿岸も掲載されている。

 

■宮城県内の主要書店で発売中
■<ホビーズワールド>の<書籍・CD・DVD>コーナーから通信販売でも購入できる
     www.hobbysworld.com/category/59/  


Posted by OOAKAGERA at 22:27

2018年12月22日

12月21日(金)の日記 車始動せず 学習効果ゼロ

◇車を始動しようとしたが動かない。セルはまわっているがエンジンがかからない。何回やってもダメ。なんとなく以前にもあった現象のおぼえがありしつこくセルをまわしたがやっぱりダメ。仕方なくレスキューを呼ぶ。
◇すぐにやってきたお兄さん、始動をチャレンジしていたが、なんとすぐにエンジンは始動した。バンザイ。給油系統の故障ではないかとコメントを残し消えた。
◇車のエンジンを止めないでそのまま近くにあるディーラーへ。駐車場に入れて、エンジンを切る。再始動しようとしてハタと気づく、車のキーがない! そうだレスキューの兄ちゃんがそのまま持って行ったと思われる。慌てて電話。すぐに来た。困るなあ(気づかぬこちらもコマルナア)。
◇ディーラーのサービスマン氏が故障ではないと言う。エンジンが全く温まらないうちに止めるとこのような現象が起きるという。
◇そういえば前日の晩、別宅の敷地内の駐車場で、めったにしない縦列駐車をしなければならず寒い夜に数メートル車を動かした。これだ、そうだ思い出した。そんなことが前にもあった(思い出すのが遅いがなんとか思い出せた)
◇話は以下の通りまったく今回と同じ現象。始動するにはアクセルをパタパタと繰り返して踏み込みながらキーを回せば(セルを回せば)動くとのこと。車固有のクセなどではなく一般的なことで冬場は起きやすいとのこと。
◇拙ブログを見直したら全く同じことが記してあった。学習効果ゼロ。ダメダーッ


2015.2.1 の雑文を転載
◇一昨日は全国的にあちこちで大雪。仙台も午後からやたら湿った牡丹雪が降りあれよあれよという間に積もった。夜半に特に降り続け20cm以上に達した。
◇というわけで昨日は雪かきに追われ、道路も雪で車での外出はしなかった。
◇本日はメイン道路の雪は除雪され車での通行が心配ない状態と見極めて昼前に出かけようとしたらエンジンがかからない。
◇セルは回っているのでバッテリーではなさそう。あまりセルを回し続けるとバツテリーが消耗するので適当にしてディーラーに電話。
◇ディーラーの整備部門、本日多忙で対応は遅くなりそう。そこでロードサービスに電話。初めてロードサービスのお世話になった
◇電話して15分ほどでレッカー車に乗って信頼おけそうな風情のおじさんがやって来た
◇ここで本人確認としてクレジットカード(石油会社系)を見せてOK
◇2-3やりとりの後私がエンジン始動。数秒力なくセルがまわったところでやめた。エンジンはかからない。
◇今度はおじさんが始動。結構長くセルを回す、アクセルをパタパタ踏んでいる。と、やわら排気の煙を上げてエンジンは回り始めた
◇どうやら故障ではなかった。
◇おじさんの質問「車をほんの少しだけ動かしたのではないですか?」。ドキッ、よく思い返してみると昨日車まわりの雪かきをして一時数メートルほど車を動かした。原因はそれらしい。
◇外気温が低い時エンジンが暖たまっていない状態で停止すると、エンジンの中の生ガスが凝縮して点火プラグを濡らし点火せずエンジンが始動しなくなる例がままあるとのこと
◇そんなことしらねー。車壊したくないので無理にセルを回したりしないし。
◇「一応バツテリーあがり」としておきます・・だって。「無料サービスは年間1回ときいてませんか?」ですと、全然聞いてない。また何回でも呼びますぞ!
◇お世話になりました
  


Posted by OOAKAGERA at 19:00

2018年12月21日

12月21日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 ・今週はとりこみ事で稼働は土日のみ
 ・今週は一段と「証拠写真」の羅列、ご容赦

【今週の「みーつけた」一覧】   
  

【今週の鳥の記録写真】
◇ヒシクイ / オオヒシクイが1羽、沼の水面に
◇イカルチドリ / 近所の川、場所がいつもと少しちがつていた
◇チュウヒ / 曇っていると猛禽をきれいに撮影がむずかしい
◇ノスリ / 止まっていてくれると撮影は幾分楽
     

◇カワセミ / ダイビングしていたが成績はよくなかった
◇トラツグミ / 柿の実の上で固まっていた。遠いのでこの程度の写真
◇セグロセキレイ / 近くの川。黒白両方いる。これはクロ
◇ベニマシコ / 繁みに隠れていてなかなか出てこない。やっとこの程度
     

【今週の景観写真】
◇山はすっかり雪化粧
    


Posted by OOAKAGERA at 22:00

2018年12月15日

12月15日(土)の日記 変なナンバーの車を発見!

◇仙台の郊外のメイン道路を走っていたら変なナンバープレートの車を見つけた。
◇ナンバープレートは「領-●●●●」。大統領の持ち物か、それにしては日本製のセダン
◇運転しているのは日本人に見える紳士(アジア系とも言える)。
◇大統領でなければ「領事館」? どっちにしろ外国関係のややこしい車とみた。
◇自宅に帰ってネツトで調べたらやはり「領」ナンバーは、外国領事館の車らしい。大使館と領事館の違いは以下とのこと(ネツトからパクリ)

●大使館は、国交のある外国に、自国の特命全権大使を駐在させて公務を執行する役所で、領事館と共に外交使節団の公館(日本の法令用語では在外公館)と呼ばれます。
通常、派遣された国の首都に置かれ、派遣元の国を代表して、派遣先国での外交活動の拠点となるほか、ビザの発給や、滞在先での自国民の保護といった援助などの領事サービス、広報・文化交流活動、情報収集活動などの業務を行っています。
●領事館とは、領事の活動の拠点として設置される在外公館です。
大使館が通常接受国の首都におかれるのに対し、在外邦人の保護や外交事務、情報収集や国際交流・広報などの拠点として首都とは別の主要都市(例えば日本なら大阪)に設置されます。
領事および領事館は主として地勢的な便益のために設置されるものであり、その設置は派遣国の任意です。
領事サービス上は大使館とほぼ同様のものです。
領事館には通常、派遣先の都市の名前がつけられます。例えば、シアトルの場合は“在シアトル日本国総領事館”となります。
●こんな話も記されていた。
ナンバープレートが「領-●●●●」は外国領事館の車です。
外-○○○○とか、領-××××とかになっており、番号によってどこの国の領事館あるいは大使館かわるようになっています。
この車は、日本における人身事故を含めいかなる事故にも日本の警察は直接手を出すことはできません。免責です。
必要なときは、外交ルートを通じて対処することになります。つまり、車の中は外国なのですね。大使館の中と同じです。逃げ込めばセーフです。ただ、その国との条約で引渡しされる場合もあると思います。
一種の外交特権でしょう。
日本に出張で帰ってきたときに、ある国の領事館ナンバーの車に乗せてもらったことがありますが、まさに大名になった気分でしたね。信号無視、一時停止、駐車違反などなどすべてOKです。みんな道を譲ってくれました。
●ナンバープレートに表示された頭文字?「領」などの後には、数字が並んでいます。
これらを見ると、どこの国なのかがわかるようです。
上2桁(5桁の場合は上3桁)がそれぞれの国に割り当てられている番号、下2桁は整理番号らしいです。
◇別のブログには外交官と領事官の違いについて以下の通り記されていた。
領事官は、外交使節がいないときには、派遣国と接受国の合意があれば、外交使節としての活動をおこなうこともあります。
領事官には、外交官に似た特権を認める慣習ですが、外交官よりも制限されたものになります。これらは「領事関係に関するウィーン条約」(昭58条14)で規律されます。
特に外交官と違うのは、身体不可侵権で、外交官は刑事事件については派遣国の同意がなければ接受国の訴追権が及びませんが、領事官は、「敬意をもって処遇」される権利がありますが、訴追を当然には免れることがありません。

◇走っていたのは国道4号(バイパス)で、高速道路ではないし、長距離移動中とは思えない。仙台には領事館を置いている国もあるので走っていても不思議はないか。番号からどこの国かは判明しなかった。ネットに出ている表には該当しない上2桁番号だし、下2桁は整理番号にしてはずいぶん大きな番号で…正体は不明だが交通ルールを守り冷静に運転していた。
仙台にある領事館を、ナンバープレート上2桁が表にある国を消去法で消すと残るのは太平洋の島国2つ、このあたりか。

   


    


Posted by OOAKAGERA at 18:40

2018年12月15日

12月15日(土)の日記 ブランデー風味のフルーツケーキ


◇2週間前に料理教室でフルーツケーキを焼いた。そろそろ食べごろのはずで、本日「入刀」し賞味した、オイシカッタ
◇普段は家庭料理を教えてくれる教室だが今年の年末は生徒からの要望でクリスマスにあわせたケーキ作りということになったわけ。
◇ドーナツのような形をしたクグロフ型(18cm)を使って1個焼き上げて持ち帰ったケーキはしばらく置いた方がおいしくなるとのことで今日までじっと食べないで待っていた。
◇中に入れるフルーツは、市販のミックスドライフルーツ(2種のレーズン・パイン・クランベリー・パパイヤなどが入っている)にレーズン・オレンジピール・レモンピールを足してブランデーに漬け込む。これを冷蔵庫で2週間以上ねかせる(途中で全体をまぜる)。実はここまでは先生がすでに準備してくれていた。
◇型の内側に溶かしたバターをむらなく刷毛で塗る。たいていここでムラが出来たり、せっかく塗ったあとで引っかいたりしてはがれる。丁寧に補修。
◇砂糖はふつうの砂糖だけでなく黒砂糖を加えた。
◇まぜる順序、混ぜ方がコツ。ここをうまくやらないとダメ。
◇オーブンに入れて数分後に膨らんできた表面に切れ目を入れるのもポイント
◇焼きあがったら取り出して型からはずしすぐに砂糖(粉砂糖+レモン汁をよくまぜる)を刷毛で手早く塗る。
◇6時間くらいして完全に冷えてからフィルムに包む(プレゼント用)
◇冷蔵庫には入れず常温で保存。焼き上がりから2週間以上経つとさらに風味が豊になる。

上記のメモには重要ポイントがいくつか抜けているのでこのままではレシピになりません念のため。

というわけで少し早いクリスマス気分を味わえた。


    


Posted by OOAKAGERA at 09:37

2018年12月14日

12月14日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 ・今週は海に行くチャンスがなかった

【今週の「みーつけた」一覧】   
  

【今週の鳥の記録写真】
◇カリガネ / 今週も健在。ただしカリガネを含むマガンの群れの場所は同じエリアだが場所は移動していた
◇シジュウカラガン / 相変わらずマガンの群れの中に小群。大群には出くわさない
◇ヨシガモ / 大分きれいな色になつている
◇オオハシシギ / 移動の途中の新しい個体か
     

◇チュウヒ / 草原を飛び回ってたがなかなかよいところに出てくれずこの程度の写真
◇ハイイロチュウヒ / オスメスが現れた(写真はオス)
◇ハイタカ(2枚) / 今の時期、珍しい2羽のショット
     

◇コチョウゲンボウ(2枚) / オスとメスタイプ。近いところだったが一緒にいたわけではない
◇コクマルガラス / シロマル。例によってミヤマガラスの大群を丁寧に見ていくといた
◇エナガ / 近くに来たので。シマエナガを探したが見つからず
       


Posted by OOAKAGERA at 21:03

2018年12月07日

12月7日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 ・カモが、種数総数ともほぼそろった感じ

【今週の「みーつけた」一覧】  
  
   
【今週の鳥の記録写真】
◇ヨシガモ(3枚) / 大分きれいな色どりになつている。写真は2ケ所別の場所にて
◇アメリカコガモ / 今週も滞在
     

◇アメリカヒドリ(2枚) / これも2か所の写真
◇ダイシャクシギ / この日は2羽を確認(写真は中央に1羽のみ)。今年も越冬か・・
◇アオゲラ / ダム湖まわりの木々の間にいた
     

【今週の景観写真】
◇コハクチョウに標識 / ファミリーのうち子供2羽に標識(か無線設備か)が装着されていた
  

◇浦の景観 / 水鳥が群れていた
    


Posted by OOAKAGERA at 22:02