2017年06月23日

6月23日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇今週は「定食Aコース」に行かなかったので基本種でぬけているものがありカウント数が少な目

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇カルガモのヒナ/ わが町内を流れる小さな川(というか排水溝というか・・)では今年も何組かカルガモが繁殖。写真のグループには母親が近くについていない、どこへ行ったか子供をほったらかしにして。
◇アマツバメ/ 近くのタダツバメとは別行動をしていた
◇ノスリ/ 今週の猛禽の代表写真。換羽中とみえる
    

◇オナガ(2枚) / 結構こわい目をしていた
◇ヒヨドリ/ 別名「ヒヨドリカア」
    

◇キセキレイ/ 道路に沿って車の進行に合わせて前へ前へと行く、横に逃げたらいいのに。
◇ビンズイ/ お山まで遠征したが収獲はビンズイまで
◇イカル/ 県北の山中、イカルが2羽つるんでいた
    

【今週のスナップ写真】
◇雪渓/お山の谷筋を丁寧に観察したがねらいには会えず
  

◇ワタスゲ/お山の湿原は高山植物の花盛り
  

◇ドクターヘリ/お山で急病人が出たらしくドクターヘリが来て着陸した。やがてスピードを上げてかえって行った。
    


Posted by OOAKAGERA at 17:09鳥見

2017年06月16日

6月16日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇あちこちでヒナの姿を目にする

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇コアジサシ/ 20羽以上いた
◇ハシボソガラス/ ヒナがにぎやかに動きまわり
◇オオルリ/ 一仕事終了か
◇イスカ/ えっ、今頃いるの? 最大の望遠で撮ったカメラの画像に赤い色が見えて故障したかと思った
     

【今週のスケッチ①植物】
◇サツキがほぼ満開
◇ナナカマドがもう紅葉?
◇サイハイラン、こんな群落はなかなかみれない
    

【今週のスケッチ②x@雑】
◇麦秋。コンバインは稲用とはまた別の様だ。高そうな機械、効率はいいんでしょうけど償却が大変ですね
◇松j島の島の松に緑のネツトがかけられている。ここはウミネコが営巣していたところのはずだが観光船が通るところでネツトを張られて追い出された様だ
◇ヘンな表示版。いつも目にするがはてなんと読むのが正しいのか・・。
      


Posted by OOAKAGERA at 21:13鳥見

2017年06月09日

6月9日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇樹木も草も葉っぱが繁茂し鳥の姿がみえないみえない。

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇ケリ / 県北の沼まわりの田んぼを物色、いました、6+ほどの群れ。仲良く行動していた。
◇コアジサシ/ 暑い日、水たまりで長時間かけて水浴び・羽づくろい。
     

◇キビタキ/ 森、やっと目の前に姿を現した
◇アオジ/ あまりめずらしくもないですが目の前に来たのでパチリ
     


Posted by OOAKAGERA at 21:28鳥見

2017年06月06日

6月6日(火)の日記 6月6日に雨ザーザー

◇今日は6月6日、昔子供の歌の中に「6月6日に雨ザーザー」というのがあったような・・・。
◇調べてみたらたしかにありました。「かわいいコックさん」という名の絵描き歌、1964-65年にNHKの「歌のえほん」で歌われたことにより広く全国に知られるようになった。もとは東京のわらべ歌。歌詞は以下の通り  ■■から

棒が一本あったとさ
はっぱかな
はっぱじゃないよ かえるだよ
かえるじゃないよ あひるだよ
六月六日に雨 ざあざあふってきて
三角じょうぎに ひびいって
あんぱんふたつ 豆三つ
コッペぱんふたつ くださいな
あっというまに
かわいいコックさん


歌にあわせての絵描きは以下の通り  <-必見!情報伝達仕掛け人:6月6日> からコピーさせていただきました...

    
これをみるとカエルがアヒルになったあたりまでは思い出したがあとは絵をみてもおぼえていない。「6月6日」のフレーズだけは覚えていた。私の記憶はいよいよいい加減。
◇6月6日は梅雨に入っていて雨ザーザーというイメージなのだろうが、仙台の場合ここ10年ほどの6月6日はほとんど雨が降っていない。まだ梅雨には早い日だ(九州山口は本日梅雨入り、仙台の平年梅雨入りは12日とのこと)

◇1944年6月6日には、第二次世界大戦で連合軍によるノルマンディー上陸作戦が決行された日とのこと。

  


Posted by OOAKAGERA at 17:04日常生活ざれごと たわごと

2017年06月03日

6月3日(土)の鳥見 撮影・観察時のマナー

◇今は鳥たちの繁殖時期である。巣での抱卵・育雛、さらに巣立ち後も親子が一緒にいる時期は写真撮影・観察にあたっては鳥に外圧がかからぬよう十分な注意が必要である。
◇日本野鳥の会監修でカメラメーカーであるキャノンマーケティングジャパン発行の「野鳥撮影マナーブック」という冊子がある。手元にあるので以下に一部コピーを掲載させていただいた。撮影マナー(観察時も同じであろう)についてわかりやすく表現されている。

   

◇内容詳細についてはキャノンか日本野鳥の会のホームページからみることができる(冊子を手に入れることもできる)。
◇夢中になるとついついマナー違反をしてしまいそうなので特に繁殖の時期には何回も読み返して心に刻み行動したい
  


Posted by OOAKAGERA at 21:44鳥見ざれごと たわごと

2017年06月02日

6月2日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇今週は写真は少ない。

【今週の「みーつけた」一覧】
   

【今週の記録写真】
◇アオゲラ/ 例によって派手な声をあげるので見つかる
◇エナガ/ 大分育ったヒナの兄弟たち(タブン)が活発に動き回っていた
◇オオヨシキリ/ 「啼いて血を吐いて」・・いるみたい
◇キビタキ/ 久しぶりにしっかりみた
       


Posted by OOAKAGERA at 21:55鳥見

2017年05月29日

5月29日(月)の日記 通行止めウマ 単管バリケード 新着 

街の工事現場などで見かける立ち入り禁止(または通行止め)の単管バリケード(ようするに「ウマ」)のデザインが面白いので見かけたら撮っている。

<本日の追加>
◇岩手の「わんこそば」を送っていただいた。送ってくださった■■さんありがとうございます。
  
  


Posted by OOAKAGERA at 23:19日常生活

2017年05月26日

5月26日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇今週も天気のよくない日がありまるで梅雨入り?

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇シロエリオオハム(2枚) / 大河の河口、200-300m沖合。300+の大群がプカリブカリと水に浮かんでいた
◇カッコウ/ 今シーズン、声はすでに聞いていた。本日は声をたよりに探して見つけました、枯れ木にとまっている姿を
◇コチドリ/ 地元の川の中州。いつもならイカルチドリがいる場所、コチドリ2羽がさかんに動き回っていた
     

◇オオメダイチドリ(2枚) / 干潟にて。/ メダイチドリの小群に交じって2羽いたと思う。この日は陽炎が強くて写真のピントが合わない(ウデのせいではない・・って)
◇チュウシャクシギ/ 潮がよくて「浦」には広大な干潟が出現、まだチュウシャクシギの小群がいた。
◇コアジサシ/ 来ました、今年も
     

◇サシバ(2枚)/ 前回の写真があまりにピンボケだったので本日はリベンジ。予定の場所にちゃんといました。最後に上空旋回のおまけも。
◇オオヨシキリ/ 地元の川の土手の遊歩道。とぎれることなくオオヨシキリの声「ギョギョシ」
    


【今週のスケッチ】
◇アナグマ/ 里山にて。田んぼのアゼに出て来た。最初はなんだかわからず。
◇菜の花畑/ 県北の山間部の畑、数か所で菜の花がきれいに咲いていた
◇田植え/ 市内山間部の里山。地元温泉旅館で出している「環境保全米」の手植えによる田植えをしているところに出くわした。
       


Posted by OOAKAGERA at 21:57鳥見

2017年05月19日

5月19日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇今週は雨の日が連続して3日もあり稼働日が少なかった

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇ハシビロガモ(2枚) / 沼は水位があげられている。隠れる場所がなく思わぬほど近くに鳥がいたりする。
◇カンムリカイツブリ(2枚)/ 沼に手持無沙汰の個体2羽。相棒の到着待ちか
     

◇ゴイサギ/ これから新居(産院?)の構築か
◇コサギ/同上
◇セイタカシギ/ 先週は3羽いたが今週は1羽のみ
◇アオアシシギ/ 3羽 寒そうにうずくまっていた
     

◇メジロ/ いつになく地面近くにいた
  

【今週のスケッチ】
◇中央分離帯の樹木なくなる/ ビール工場前の道路、昨年までオナガが出入りしていた中央分離帯の樹木がなくなった(2017.03.06-07参照)
  

◇昨年コムクドリが営巣した駐車禁止表示版の支柱がなくなった。コムクの営巣は不可(2016.07.18参照)
    


Posted by OOAKAGERA at 21:28鳥見

2017年05月14日

5月8日(月)~10日(水)の鳥見 日本海島嶼の鳥見報告

 年寄の介護について指導いただいているケアマネの勧めでストレスリリーフ(SR=応力除去)を敢行。、3年ぶり泊りがけで島嶼の鳥見に行って来た。留守中の体勢を組みリハーサルを行ない間違いなくやれることを確認していざ実行。しかし1日目、港に着いたら「強風のため本日船は欠航」。ありゃどうしましょ。すでに島に滞在中の地元の先達に連絡、情報をもとに隣接市の池の周回コースで探鳥、さらに戻って港の突堤まわりで水鳥の観察をした。
 船は翌日は出た。船の中ではずっとデッキに出っぱなしで高倍率双眼鏡をにらみっぱなし、お陰でカンムリウミスズメに出会えた。
 島でも、先達の貴重な情報を得て無駄なくあちこち観察。前日午後から鳥が入ったとのことでそれなりに珍しい種がみれた。
 島では1泊しかできなかったが十分に楽しめた。
 写真は「話のタネ」に。できばえはいつも以上に低品質、あしからず。

【鳥合わせ表】 (参考まで)
    

    

【メモがわり写真】
<本土にて>
◇ツバメ/ 一生懸命に土運びをしていた
◇キビタキ/ 池をめぐる道路際の林、木の葉が繁っていて姿はみにくいがいろんな鳥に出会った。薄暗い中にキビタキが盛んにさえずり
◇マミチャジナイ/ 早朝の鳥見。港のそばの大規模公園の林にて、アカハラと一緒にいた。
◇コムクドリ/同上
     

<港の突堤にて>
◇キアシシギ/ 30- ほどが群れになって飛翔、突堤の根元の岩にたむろ
◇トウネン/ 10羽ほどが 突堤の根元の岩にたむろ
◇コアジサシ/ 3+が上空をとびまわり
    

[往路のフェリーから>
◇オオミズナギドリ/ パラパラと見かけた。中には船の近くまで来たものもいた
◇カンムリウミスズメ/ 2+。船のすぐ脇からバタバタと飛び立ち
   

<島内>
◇マガモの親子/ ヒナは2羽、ずいぶん少なくなってしまったとのこと。仙台ではカルガモの親子は見かけるがマガモはなかなか。
◇コシアカツバメ/ 島内いたるところで空を舞っていた(虫採り)
◇キマユムシクイ/ 前日午後から島は「キマユ祭り」状態、いたるところで声を聞くただし撮影は手ごわい
◇エゾムシクイ/ 宿のすぐ上の砂防ダムまわりをさかんに動き回り
     

◇センダイムシクイ/ こちらも他のムシクイ同様撮影はなかなか手ごわい
◇マミチャジナイ/ 校庭のグランドの草の中
◇コサメビタキ/ 相変わらず愛くるしいお目目
◇マミジロキビタキ/ 校庭。大勢のギャラリーがいたが動ぜず適当に動いてモデルになってくれた
     

◇ムギマキとキビタキ/ この組み合わせは珍しいのではないかと思う
◇キビタキ♀/ なかなかわかりにくい
◇オオルリ♀/ 同上
◇イカル/ まず鳴き声で存在に気付く
     

◇コホオアカ/ 校庭。いつのまにか混じっていた
◇ノジコ/ 同上
◇シベリアアオジ/ 同上
      


Posted by OOAKAGERA at 22:04鳥見

2017年05月12日

5月12日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇今週は対象鳥見稼働日数が少なかった

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇キンクロハジロ/ 今時「珍しい」
◇ムナグロ/ 水を張った田んぼの中、一幅の絵
◇サンショウクイ/ 湿原にて。あちこちにいた
◇イカル/ 山間部のダム周辺の林の中に潜んでいた
     

◇ヒ@メハマシギ/ 当日はとんでもない強風で砂嵐の中ハマシギの集団に交じってじっとうずくまっていた。なかなか体を起こさないので写真にならない。いつまでも粘る気はないので適当に切り上げ。写真は①ほぼ全体の姿、②正面、③ハマシギと並ぶと違いが判る
    

【今週のスケッチ】
◇里山の風景。田植えが真っ盛り
◇湿原の池にミツガシワが咲き出していた
     


Posted by OOAKAGERA at 20:55鳥見

2017年05月05日

5月5日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇夏鳥の初認がつづく
◇シギ・チがどんどん増えている

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇ササゴイ / 干潟の導流堤の石の上に飛んできた。今年もよろしく
◇ムナグロ/ 県南の河口干潟、コントラストのはっきりした美形(美男?)の個体だった
◇メダイチドリ/ 正面から見るとなんともひょうきん
◇オグロシギとエリマキシギ/ 潟湖。オグロはきれいな夏羽、エリマキと行動をともにしていた
     

◇オオソリハシシギ/ オスメス並ぶと違いがわかる。
◇チュウシャクシギ/ 県南、運河の干潟に300 うじゃうじゃ
◇クサシギ/ 県南の河口湿地
◇サシバ/ 今年もきました。いつものエリア。今換羽中なのかズイブン羽の抜け落ちが目立つ
     

◇サンショウクイ/ 県南のハイキングコース。声をたよりにさがしたら目の前にいた
◇オオヨシキリ/ さかんに「ギョギヨシ」とさけんでいるがなかなか写真に撮らせてはくれない
◇キビタキ/ 市内南部の都市公園にて
◇オオルリ/ 県南のハイキングコースにて
     

◇ホオアカ/ 地元の川、ナワバリ宣言中
    


Posted by OOAKAGERA at 22:11鳥見

2017年05月01日

5月1日(月)の日記 単管バリケード 通行止めウマ

街の工事現場などで見かける立ち入り禁止(または通行止め)の単管バリケード(ようするに「ウマ」)のデザインが面白いので見かけたら撮っている。いままでに集めた分をあらためて掲示。北海道・沖縄からのものが含まれている。また、色違い・ちょっとした違いは原則として別ものとしてカウントした。

<本日の追加>
◇九州から「恐竜」を送っていただいた。送ってくださった■■さんありがとうございます。
  

*************************************************************

今までのまとめ((2017年2月22日から移動分とその後の追加分)

◇動物
     

     
  
   

     

     

     
 
◇ひと
    

◇ひと(着せ替え)
  

◇キャラクター
   

     

◇地図
  

◇スローガン
    

◇飾りなし(シンプルな標準型)
   

 私のアドレスがわかる方へのお願い。街で変わったデザインの単管バリケードを見かけたらパチリと1枚撮影してぜひ当方へお送りください。アルバムを充実させたいので。
 送っていただいたらお礼の言葉を差し上げます。

 今まで以下の日付でアップしたものと最近の追加分をまとめました。
 2013.3.31 2013.5.21 2013.8.14 2014.8.16 2014.12.8  2015.07.21 2015.10.15 2015.10.31 2016.4.3 2016.6.8
2016.6.17 2016.7.11 2016.7.24 2016.9.6 2016.12.05   2017.2.22 2017.3.25 2017.4.1 2017.4.7

 当方は現場で使われている状態のものを集めている。ここに掲げたものはすべてを網羅しているとは言えないが結構集まっている。このうち多くが仙台の会社の制作によるものであるとわかってビツクリした。会社の名前は「仙台銘板」。もちろんこの会社以外のものもある。
 地元新聞の記者に、これは新聞記事にしたら面白いのではと話したら「すでに何回か取り上げている」とのこと。これは遅れをとった。最初の新聞記事は以下の通り。大分前の記事である。
    


Posted by OOAKAGERA at 23:39日常生活仙台まち歩きざれごと たわごと

2017年04月30日

4月30日(日)の日記 三遊亭円歌死去

◇落語家の三遊亭円歌が亡くなった。追悼で生前の落語をテレビで放送していたのでみた。おなじみ「中沢家の人々」、うまい。そんなに前でない収録と思うが年をとっても歯切れがよく文句なく面白い話術は若い時と変わらなかった。
◇日蓮宗の坊さんになる前の、歌奴時代に「授業中・・山のあなあな・・」で売り出し、テレビでタレント活動をしていたので円歌というより今だ「歌奴」のほうがピンと来る。円歌というと「呼び出し電話の長谷川さん・・」の先代を思い出すほどだ。
◇新作落語をやる大物としては桂米丸・柳亭痴楽・春風亭柳昇あたりの一つ後の年代と思うが昔はそうそうたる落語家がそろっていた。テレビの時代になった後もラジオでよくいろんな人の落語を聞いたものだ。
◇味のある芸人がどんどんいなくなる。淋しい限り。ご冥福をお祈りする。
  


Posted by OOAKAGERA at 23:09日常生活ざれごと たわごと

2017年04月28日

4月28日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇今年の夏鳥の出現時期は少し遅めに見える。クロジ・コルリは当方未確認
◇本日は品質二の次のショウコシャシンが多い

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇メダイチドリ/ 圃場整備がやっと完了した田んぼに水が入り代掻き中。メダイチドリ8羽がコチドリ・ハマシギと一緒にいた
◇セイタカシギ/ 3羽。先日までいた沼ではなく県南の河口干潟にて。同じ個体3羽ではないと思うが・・
◇ソリハシセイタカシギ/ 1週間遅れのアップ。見つけた時はビツクリしたが数時間前にすでに見つけた人がいた。
     

◇タシギ/ 代掻き中の田んぼの端っこに隠れるように1羽
◇チュウシャクシギ/ 大群がきた。潟湖に200+
◇ホウロクシギ/ 干潟に滞在
◇タカブシギ/沼の花の咲いている中に目立たずいた
     

◇キアシシギ/ 干潟の中の「ボッコ」にとまった
◇コアジサシ/ 10+が潟湖の中央部で入れ代わり立ち代わりダイビングして盛んに採食中
◇コチョウゲンボウ/オス1羽
◇ツバメ/2羽がいい雰囲気で盛り上がったように見えたが最後のところでメスが拒否
     

◇イワツバメ/ 数羽が上空を飛び回り。
◇センダイムシクイ/ 声は確認できるが姿をとらえるのに難儀した
◇ゴジュウカラ/ 独特の声をひびきわたらせてあちこち移動
◇クロツグミ/ 歩いていた道の前方の地面、いました初見
     

【今週のスケッチ】
◇リュウキンカとミズバショウ/ まるで6月の尾瀬の風景
◇仙台グランドキャニオン/ 本物には程遠いか雰囲気はある
◇青いこいのぼり/今年は場所が少し移動していた
      


Posted by OOAKAGERA at 22:05鳥見

2017年04月27日

4月27日(木)の日記 日本ハム連敗脱出、よかった

プロ野球日本ハムファンの方のみみて下さい。

◇打線も投手も絶不調、ドロ沼の連敗が10まで達した日本ハム、こういう時こそ応援。本日やっと勝って連敗脱出。よかったよかった
◇前回のリーグ優勝の翌年は成績がはなはだ芳しくなかった。昨年の優勝のあとの今年も同じ轍を踏まないか心配
◇つなぐ野球でかさにかかって連打で加点・・が日ハムのウリだったのに今年はすっぽり楽天に譲ったようだ
◇本日も相手ソフトバンクのバンデンハークに6回まで無安打に抑えられた。初ヒットを打ったのは中田、二塁打。とたんにレアードが2ランホームラン。好投の加藤に勝ち投手をプレゼントかと思ったら・・・セットアッパーの宮西が今日も良くなかった。柳田に2ランを浴びて同点。
◇これはあとは中田のホームランしかないと応援を続ける
◇打ちました。期待通り。3ランホームラン
◇しかし増井もピリツトせずひやひやの1点差。でもほんと久しぶりの勝利。よかった
◇◎=加藤、中田、レアード。×=宮西
◇ソフトバンクは連打が出ず助けられた(ピッチャーがよく抑えたということになるのかも)。それにしてもホームランでしか得点できないチームになってしまったな。もうこのまま振り回して得点してくれ。まだまだ続く借金地獄、挽回しよう。
  


Posted by OOAKAGERA at 22:31スポーツ観戦

2017年04月21日

4月21日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇森林の夏鳥が来出した

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇ゴイサギ/ まだ来たばかりとみた
◇メダイチドリ/ 干潟。ハマシギに混じって行動
◇オオソリハシシギ/  干潟に1羽、チュウシャクシギやホウロクシギにつかず離れず(写真はホウロクと)
◇チュウシャクシギ/ 姿を現し始めた、干潟に1羽。あと1-2週間でドッと来ると思う

     

◇ミサゴ/ 大きな魚を捕まえて食事、と思ったらカラスに横取りされそうになってあわててどこかへ逃げ出した
◇メジロ/ 花にメジロ
◇ヒレンジャク(2枚) / 前回とは別の場所、ただしよく来る場所
     

◇セグロセキレイ/ めずらしい位置にヒョイととまつた
◇アトリ/まだいた、2羽発見
◇ホオジロ/ めずらしくもないですが
◇オオジュリン/ 田んぼの排水溝の中でアッチコッチに動き回っていた
     

◇シメ/夏羽の個体
◇タヒバリ/田んぼの上200+の群れ、結構な迫力(写真では感じられない?不出来で・・)
   

【今週の景観写真】
◇公園の桜は満開
  

◇エンレイソウ/ 見ごろ
    


Posted by OOAKAGERA at 22:22鳥見

2017年04月19日

4月19日(水)の日記 日ハムの応援Tシャツとレプリカ

プロ野球 日本ハムファンの方のみみて下さい。

◇北海道からレアードの「すしTシャツ」と、「イエローユニフォーム」が送られてきた。さっそく試着。試合の時に着ていくか。レアードの打率アップを祈って・・。
◇黄色と水色の組み合わせはエアドゥーカラーだが、これ着てれば航空チケット半額・・とかいうことは・・・ナイ・・・ヤッパシ。

  

<追記> 本日観戦していたテレビの説明によると黄色いユニフォームは北海道を舞台にした映画「幸福の黄色いハンカチ」(1977年 高倉健 武田鉄矢 桃井かおり 賠賞千恵子など出演) 40周年にちなむものとのことだ。この映画には同じ宮城野区内の隣町出身の元プロボクサーたこはち郎(故人)も出ている(またよけいな説明でした・・)

<以下朝日新聞デジタルからコピー>
 プロ野球・日本ハムの激励会が3日、札幌市内であり、今季の期間限定ユニホームを発表した。色は黄色。4月29日から5月28日までの主催16試合「北海道シリーズ2017『WE LOVE HOKKAIDO』」で着用し、4月29日と5月3日の試合では来場者全員にプレゼントする。
 日本ハムは2007年から期間限定で北海道ゆかりの色のユニホームを着ており、昨季は北海道新幹線をイメージした淡い緑色だった。今季の黄色は、道内各地が登場する映画「幸福の黄色いハンカチ」の公開から、今年で40年にあたるため選んだ。
 モデルとして黄色のユニホームを着た大谷は「配色が斬新。みんなで着ると鮮やかできれいだと思います」。レプリカユニホームの販売収益のうち一部は、映画のラストシーンの舞台で、財政再生団体の夕張市へ寄付される。発表に立ち会った同市の鈴木直道市長は「不可能と言われた二刀流に挑戦する大谷選手にならって、財政再建と街の再生の二刀流でがんばりたい」と話した。  


Posted by OOAKAGERA at 16:39スポーツ観戦ざれごと たわごと

2017年04月17日

4月17日(月)の日記 鳥見ついでにお花見

鳥見ついでにお花見。
◇梅田川 / 下流部の桜。木は大分くたびれている
◇鶴ケ谷の墓地の桜/ 遠くから2本の桜が目立ったので近くまで行って「お花見」
◇評定河原球場の桜/ デカイのが1本
       


Posted by OOAKAGERA at 16:58鳥見仙台まち歩き樹木・花

2017年04月17日

4月14日(金)-15日(土)の日記 新寺小路桜めぐり

新寺小路桜めぐり

仙台は現在桜が満開。14日と15日、それぞれ2時間ほどかけて徒歩で花見のハシゴ。新寺小路のお寺をメインに暖かい日差しを浴びてのんびり散歩。行き当たりばったりで見物したので大きな抜けがあるかもしれない。
  

【第1日 2017.04.14】

■仙台管区気象台標本木 / 気象台は第3合同庁舎にあり、西側に桜の標準木。4月13日満開と発表された
■NPOプラザ/ 以前は県立図書館、さらにさかのぼれば釈迦堂があったところ
■二十人町通り/ 区画整理され大きな通りが出来てすっかりさまがわり。昔は狭い道を上りのバスが一方通行(下りのバスは鉄砲町を一方通行)
■榴ヶ岡公園 /ご存知仙台の桜の名所。花は満開場所取りが大変。
     

■榴ヶ岡天満宮/ ここも桜が結構きれい
■宮城野通り/仙台駅東口からコボパーク宮城球場まで一直線で結ぶ大通り。地下には地上からもぐった仙石線
■孝勝寺/伊達家ゆかりの寺、広大な面積。一角に釈迦堂が移設されている。
桜は駐車場にフツー程度のものあり。あとは見当たらず。由緒あるお寺だが区画整理で寺の樹木も整理されたか。
■釈迦堂/ 仙台藩四代藩主伊達綱村が生母・三沢初子の冥福を祈るために,榴ヶ岡に建てた持仏堂。元禄8年(1695)の建立で,昭和48年(1973)の宮城県立図書館建設に伴い,孝勝寺本堂脇に移された。
     

■法輪院/ 駐車場前に中規模のシダレザクラ。孝勝寺の一部のような位置にあるが、ここは2代藩主忠宗婦人振姫の一周忌に孝勝寺から妙音・蓮香・華香・経王とあわせ五院が開基されたいわれあり。
■蓮香院/ 素晴らしいシダレザクラあり。放射状に下がっている枝の中に入って裏側から花をみられる(滝を裏から見るようなもの)。
■新寺小路緑道/ 最近はよく整備され月1回「「新寺こみち市」が開催されている。このあたりの小路、桜は少ない
■正楽寺/浄土真宗。山門・本堂は地区最古の建造物、震災の影響あり。桜はたいしたことない。推定樹齢300年のイチョウと200年のクスノキがある。
     

■善導寺/ 浄土宗。三代藩主綱宗の生母の墓がある。桜はめだったものはない
■林香院/曹洞宗。入口にある坂村真民の詩碑「念ずれば花開く」を見ていたら、となりにならんでいるお地蔵様は寛文事件で自刃した原田甲斐の子供たちを供養したものですよと耳打ちしてくれた人あり。お地蔵様の上には桜が満開。
■洞林寺/ 曹洞宗。新しい仏足石がある。
■林松院/ 松音寺の末寺。本堂前にシダレザクラ1本。
     

■東秀院/ 曹洞宗。本堂奥の間に伊達家ゆかりの「因縁殿の額」が掲げられている
■道仁寺/ 浄土真宗の寺。推定樹齢200年のシダレザクラがある。淡いピンクの花。背が高く見上げるばかり。この木は新寺小路のお寺の桜の「横綱」とのこと。確かにキレイ。
■新寺5丁目公園/ 目だって大きなサクラがあった。
   

【第2日 2017.04.15】

■栽松院/ 曹洞宗。政宗の祖母栽松院の位牌寺。門のわきと本堂前にシダレザクラがある。本日現在満開ほどには花が咲いていなかった。ここのシダレザクラは新寺の桜の「大関」だそうな、古木。
■光寿院/ 曹洞宗。天保の大飢饉の餓死者を埋葬した供養碑がある。八重桜がキレイらしいがまだ咲いてない。寺の中は迷路のよう。門は、黒塗りの車が4-5台停まっているのが似つかわしいような高級料亭風。
■阿弥陀寺/ 坂村真民の石碑「軽くなろう」がある。
■成覚寺/ 浄土宗。伊達家とともに福島・米沢・岩出山を経て現在地に移る。
     

■愚鈍院/ 浄土宗。背の高い桜が1本
■妙心院/ 曹洞宗。松音寺の末寺。震災で屋根の損傷大。
■新寺4丁目公園/ 隣接する道はタクシー運転手のたまり場
■松音寺/ 曹洞宗の寺。伊達政宗が晩年住んだ若林城正門がある。境内の美しさNo.1。
     

■法運寺/ 日蓮宗。2代藩主忠宗の創建。浮気封じのお稲荷さんもある日蓮宗のお寺。シダレザクラ1本の姿は見事。
■大林寺/ 曹洞宗。土井晩翠の墓がある。
■正雲寺/ 浄土宗。桜はみあたらない。
■新寺小路緑道/ サクラは少し
     

■栄明寺/ 浄土真宗大谷派。 同上。
  

 総括として、桜は寿命が短いし新寺のお寺は区画整理時に整理してしまったこともあるだろうし、で、由緒のありそうな古木はほんの数本に見えた。ここ20年程度以内の最近に植えたと思われる木を多く見かけた。
  


Posted by OOAKAGERA at 16:09日常生活仙台まち歩き樹木・花