2018年10月19日

10月19日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 ・コハクが来た
 ・冬の小鳥が姿を見せ始めている
 ・シギチはまだ遅番が移動中

【今週の「みーつけた」一覧】   
  
     
【今週の鳥の記録写真】
◇ヒシクイ/ オオヒシクイ、今年も来ている。ケーキのモンブランの沼。
◇マガン / 大群がなにかに反応して、(または早合点の心配性の個体に引きずられて?)、急に飛び立ち、乱舞
◇コハクチョウ/ もうきていました。仙北の田んぼ
◇ホシハジロとハジロカイツブリ/ 埋立地。なぜか仲良くくっついていた。
     

◇ミヤコドリ/ 潟湖の導流堤に舞い降りてそのまましばらく滞在、少し怪我しているようだ
◇セイタカシギ/ 隣接する二つの沼を行き来しているようだ
◇オオハシシギ/ これも同上。バランス上、嘴の長いのが目立つ
◇ジョウビタキ/ まず、声が聞こえてやがて姿が・・
     

◇ツルシギ(2枚) / 秋も深まって姿を見せることが多いが、今年も沼とモンブランの沼で見かけた
◇アオジ / 干潟は工事中、草原は非常に狭くなっているがアオジがいた
    

【今週の景観写真】
◇ブルーインパルス / 鳥の出がいまいちなので上空で繰り広げられた戦闘機の編隊飛行をのんびり見学。訓練にしてはやたらケムリを出して、見事な演技(?)だった。
     

航空自衛隊のHPからのパクリ
航空自衛隊の存在を多くの人々に知ってもらうために、航空自衛隊の航空祭や国民的な大きな行事などで、華麗なアクロバット飛行(これを展示飛行と呼びます)を披露する専門のチーム、それがブルーインパルスです。正式名称は、宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。青と白にカラーリングされた6機の機体が、大空で展開する一糸乱れぬフォーメーション、そしてダイナミックなソロ演技――次から次へ繰り広げられる驚異のパフォーマンスは、初めて観る人にとっては驚きの連続に違いありません。地上は大きな感動と歓喜の声に包まれます。その美しく雄大、華麗にして精密なフライトは、内外から高い評価を得てきました。これからもブルーインパルスは、「創造への挑戦」を合言葉に、より多くの人に「夢・感動」を感じていただける展示飛行を求め続けていきます。


◇バラ祭り/ 丹精込めて育てられた色とりどりのバラが咲いていた。眼が行くのはついついピンク。写真は清楚で上品な花だったが名前が「芸者」とは・・。右の名前はそれなりに、「プリンセス・ドゥ・モナコ」。
   

同じカテゴリー(鳥見)の記事画像
1月11日(金)の鳥見 今週の振り返り
1月4日(金)の鳥見 今週の振り返り
12月28日(金)の鳥見 今週の振り返り  
12月26日(水)の日記 宮城県内の探鳥地紹介の本
12月21日(金)の鳥見 今週の振り返り
12月14日(金)の鳥見 今週の振り返り
同じカテゴリー(鳥見)の記事
 1月11日(金)の鳥見 今週の振り返り (2019-01-11 20:22)
 1月4日(金)の鳥見 今週の振り返り (2019-01-04 20:49)
 12月28日(金)の鳥見 今週の振り返り   (2018-12-28 18:27)
 12月26日(水)の日記 宮城県内の探鳥地紹介の本 (2018-12-26 22:27)
 12月21日(金)の鳥見 今週の振り返り (2018-12-21 22:00)
 12月14日(金)の鳥見 今週の振り返り (2018-12-14 21:03)

Posted by OOAKAGERA at 20:46 │鳥見

削除
10月19日(金)の鳥見 今週の振り返り