2018年02月27日

2月27日(火)の日記 「水曜どうでしょう」

以前アップした文がそのまま使える状況にあるのでまたまた使い回し。ただし一部修正。

◇北海道テレビ(HTB)制作のローカルバラエティー番組「水曜どうでしよう」のかなり前の番組の再放送が毎週日曜深夜にBS朝日で放送されている。
◇「水曜~」は、(当時は)北海道に住む俳優大泉洋さんたちが国内外を旅する番組で1996年放送開始とのこと
◇北海道では、深夜にかかわらず人気のあった番組で無計画でなにが起きるかわからないスリルとデイレクターを含めた4人のメンバーのゆるゆるのやりとりを楽しめた。
◇レギュラー番組は2002年に終了しているが全国各地のローカル局でネツトされたりして、現在もBS朝日で再放送がされている
◇先週の内容は「中米・コスタリカで幻の鳥ケツァールを激写する!その①」であった。まだケツァールには出会えていないようだったが、興味を覚えたのはその撮影機材(カメラ)である。2001年に放送されているというから17年前になるが、望遠カメラで撮影を試みていたが、今とはずいぶんと機能に差がある。
◇鳥の撮影のため、日本から持参したカメラは600mmの望遠レンズ付の一眼レフカメラ。絞りもシャッタースピードもピントも手動。フィルムの巻き上げもしなければならない。図体はでかくて重い、レンズは6kgある。大泉しろうとカメラマンは動いている鳥を画面に入れることも出来ず四苦八苦していた。
◇その頃はまだデジタルカメラが広く普及しておらず、価格も高かった。現在1万円台で買えるコンパクトデジカメに基本的機能が同等のデジカメが、20世紀終わりの頃初めて販売された時パソコンも含めて2-300万円であったと記憶する。今のカメラは機能もすぐれ価格も安い。眼を見張るばかりの進歩である。
◇現在、鳥の撮影に広く使われてるカメラを、「水曜~」のテレビ番組のケツァールの撮影に使えたら問題なく大泉カメラマンも傑作をものにしていたことでしよう。来週の番組では少しは機材の操作に慣れて、ケツァール撮影が出来ることと期待している。
◇機材が進歩し、だれにでも鳥の撮影が容易に出来るようになった・・・はずだが、これがなかなかきれいな写真がゲットできない。やはりどこまでも「ウデ」が必要なことには変わりはないようで・・。
  


Posted by OOAKAGERA at 20:31

2018年02月25日

2月25日(日)の日記 オリンピツクで予想外の金メダル

◇平昌(ピョンチャン;韓国)冬季オリンピックも今日は閉会式。昨日は予想外のメダル獲得があった。スケート女子マススタートと同じく女子のカーリングである。
◇テレビでカーリング女子の3位決定戦を見ていて途中放送を何回か切り替えてスケートのマススタート女子、準決勝・決勝をみた。このマススタートは一昔前(今でもか?)の国体の長距離のような大人数が一斉にスタートするやり方。途中の通過順位もポイントになる競輪のような要素もある。今回初めての種目とのこと。この競技、王道をゆく「スピード競争」だけではない、風をよけて他選手のうしろに入ったり、カーブで素早く「まくり」にはいったり、途中でポイント稼ぎのため前に出たりと、見てる分には面白いがいまいち素直に受けいれにくい面もあった。転倒した選手の巻き添えは気の毒だった。
◇このマススタートに出場した2選手のうち先日のハシュートの日本チームで金メダルを獲得した高木(姉)がうまくすべりなんと1位、2個目の金メダルを獲得した。よくやった、おめでとう。
◇また、前日の準決勝で敗れた女子カーリングチームは英国を相手に3位決定戦。両チーム粘り強く攻め守り、コンピューターの配列のように1010と続いたが最後連続して英国チームにミスが出て日本に勝利が転がり込んだ、日本カーリング界初の快挙。このチームのメンバーは全員が北見市常呂町出身。映画シムソンズの世界は続いていた。
◇かつて冬に流氷観光で紋別を訪れた時、常呂町を通過したことがある。すでにカーリングの町として有名になっていたが町の様子は特にカーリングを思わせるものはなかった。また、その昔学生時代の旅行で「ワッカ原生花園」に行ったことになっているが記憶が全く欠落している。小さな町だが独特のスポーツに取り組んで町の活性化につなげ、オリンピック選手を多数輩出し、ついにメダル獲得、素晴らしい。ぜひこれからも金メダルを目指してまわりも巻き込んでの活動・活躍をイノル。
◇これで日本のメダル獲得数は、金銀銅4-5-4となった。冬としては地元開催の長野をしのぐ数とのこと。私の予想もつかぬところからの金メダルは里谷のモーグル以来か、日本にはきわめて珍しいうれしい出来事だった。

(備忘録としてアップ)  


Posted by OOAKAGERA at 17:15

2018年02月23日

2月23日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇今週も「いつもみる顔」ばかり
◇オリンピックのカーリングをみていたら遅くなった

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇マガン/まだ元気に滞在している
◇トモエガモ/ 県北の田んぼの中の小さな沼、水面の水草が枯れて鳥が見やすくなった。トモエガモ♂5♀1
◇ミコアイサ/ あまり珍しくもないけど
◇ハマシギ・シロチドリ・ミユビシギ/ 干潟の海岸、ひなたぼっこの風情
     

◇オジロワシ/今シーズンはよく出会う。沼の上空を旋回
◇コクマルガラス/ シロマル1羽のみ。今シーズンまだ2回目、クロマルはみつからず
◇トラツグミ/ えだかぶりだけど。城跡にて
◇ジョウビタキ/地元の河川敷、たくさんいる
     

◇アトリ/ 城跡、小さな群れがあちこち移動していた
    


Posted by OOAKAGERA at 22:52

2018年02月19日

2月19日(金)の日記 オリンピックは続いている

ピョンチャンオリンピック、日本は快調
◇冬のオリンピック、日本はついに金メダルをかちとった。男子フィギュアスケートの羽生とスピードスケート500mの小平である。それぞれ感動のドラマがある。
なにしろ優勝おめでとうである。
◇当然テレビの放映が多く日本が出場しているとついつい見ることになる。オリンピックでなければ見ることのないなじみのない競技もある。
◇カーリングはやはりテレビ向けの競技である。毎日長時間実況をしている。しょっちゅうアップのカメラで撮られ、女性はお化粧の研究も必要かも。アイスホッケーは同じ団体競技だが防護面をして顔は見えず、また目まぐるしくメンバーの入れ替わりがあり出ている人の様子はよくわからない。カーリングに比べて「恵まれない」競技だ。
◇カーリングの選手はマイクまでつけられているとかで、大きな声の北海道弁が聞こえてきてほほえましい。
◇そういえば、前回大会で目立ったカナダのジェニファー・ジョーンズさんはどうしたかと思っていたら国内の予選でチームが敗れて今回は出ていないようだ。
◇オリンピックは閉会までまだ1週間ある。これからメダルを期待できる競技がどれくらいあるかしらないが、日本はすでに過去のメダル数最大の大会(長野)と並んだとのことだからさらに獲得することを期待したい。

 4年前の雑文を掘り起こし。

2014年2月15日(土)の日記 ソチオリンピック羽生選手おめでとう
◇羽生結弦選手フィギュアスケート男子個人で金メダルおめでとう。ついに日本チームに金。すでに前日のショートプログラムで史上最高点で1位であったが、フリーでも見事な出来栄えで優勝でした。
◇冬のオリンピツクは雪と氷の上の大会だが、夏に比べて種目が少なく特殊な環境で行われるものが多く日本の競技人口が少ないせいかなかなかメダル獲得のレベルに到達していない。特に優勝はできない。
◇長野オリンピック以後の金メダルはトリノの女子フィギュアスケートの荒川静香さんただ1人だった。そこに今回ロシア・ソチでのオリンピックで羽生選手の優勝、なんと2人とも仙台で育った仙台の人であり誇らしい限りである。
◇オリンピックは中盤にかかっている。今晩はジャンプのラージヒル決勝がある。腰の調子がいまいちの葛西選手、なんとかあと2回痛みをこらえてカミカゼジャンプを見せてメダルを獲得して欲しい。真夜中、また応援しましょう。
◇カーリングは今回女子のみが参加できた。この競技は実施時間がまちまちのせいか日本で見やすい時間に実況中継があったりする。力と技・メンタル面だけでなくすこぶる経験と「読み」が必要な頭を使うスポーツで、ゆっくりと各選手がアップで映りストーンの動きも面白くテレビ向き、日本人向きといえる。
◇長野オリンピックのあとソルトレイクシティオリンピックに向けての、北海道を舞台に女子カーリングチームの活躍を描いた青春映画(シムソンズ)を北海道の映画館の小さな画面で見た覚えがある。あの頃の勢いならもっと盛んになると思ったが、まだまだ競技人口は少なく、世界に通用するレベルではないのが残念。ソチオリンピックのカーリング、今日の昼間にもテレビ中継がある。雪ががんがん降っていて外へゆけない日、またみてみましょ。
<追記>
◇カーリング対強豪カナダ。見せ場もあったが惜敗、残念。最後に投げる役、司令塔の「スキップ」もさることながら3番目の「サード」の力は大きいのにあらためて気づかされた。日本のサード船山選手見事!
◇カナダのスキップの女性の名はジェニファー・ジョーンズ。あれっ、昔グレゴリーペックと香港を舞台にした「慕情」という映画に出ていたんでは・・・そんなわけないわね。バリバリの弁護士さんですと。
  


Posted by OOAKAGERA at 21:29

2018年02月18日

2月18日(日)の日記 雪かきで汗かき

◇今朝は雪景色。先日に引き続き雪かきをした。
◇先日は積雪が20cm近くあり雪かきが大変だったが、本日はせいぜい5cm程度であまり時間がかからず済んだ
◇我が家の雪かき道具は3種類ありそれぞれの目的に応じて使い分けている。下の写真右から、Aプラホーキ、Bポリカーボネート製雪押し(プレッシャーラッセル)、Cアルミ製角スコップである。その他としてこのあたりでよく見かけるのは雪はね(ショベルスコップ)がある。

  

◇雪かき道具は雪の量や硬さ、作業の目的、使う人の体力に合わせて選ぶ必要がある。仙台市の積雪量はせいぜい20cm位でありまた気温がそれほど低くないのでカチンカチンの氷状態にはまずならない。雪の量と硬さに合わせた使い分けを図示してみた。
  
  
◇私が以前住んでいた北海道道央の市ではこの他にママサンダンプ、ツルハシがよく使われていた。雪かきしなければならない機会が多く気温が低く凍り付く環境で雪かき道具は仙台とはやや違っていた。  


Posted by OOAKAGERA at 11:59

2018年02月16日

2月16日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇今週は鳥見稼働は1日のみ

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇スズガモ/なかなか<緑色>が表現できない
◇クロガモ/ やつと近くに1羽が来た
◇ハジロカイツブリ/ 県北の大河、すごい数の「大群」
◇ヒメウ/ ここには多くのヒメウが見えた
     


【今週の景観写真】
◇蜃気楼か?、島が浮いているように見えた
    


Posted by OOAKAGERA at 21:21

2018年02月15日

2月15日(木)の日記 ガンバレニッポン冬のオリンピツク

◇冬のオリンピックが開催されている。場所は、お隣韓国。
◇日本勢は大活躍でメダルの数も増えている。昨日は男子ハーフパイプ(平野)銀、スキー複合ノーマルヒル(渡部)銀、女子スケート1000m(小平・高木)銀銅とメダルラツシュだった。きのうまで日本は金銀銅、0-4-3。 
◇ついこのあいだのように思える2006年のトリノでは日本はまったくメダルに届かず最後に女子フィギュアで荒川静香さんが唯一の金メダルだったことを思うと格段の進歩である。
◇ただし、なかなか金メダルに手が届かない。惜しい試合内容が多く残念だがやはり1位とは力の差があったと認めざるを得ない。これから金が期待される種目があるが今のところ「シルバーコレクターニッポン」である。これからの出場者にはさらに頑張ってほしい。
◇昨晩は久しぶりに病院の付き添いでの徹夜だった。イヤホーンで静かにゆっくりテレビ観戦をした。カーリングをみていて面白かった。久々に出場の日本男子は強豪ノルウェーに快勝、幸先よし。メダル目指してがんばれ。
◇テレビではオリンピクのテーマ曲がよく流れている。思い起こせば、リレハンメルオリンピックの時の高橋真梨子さんの曲はよかったな。「遥かな人へ」

 オリンピックの日本のメダル獲得について何か書いていた覚えがあったので探して出て来たのが以下の記事。参考まで(参考にならないでしょうが・・・)


2016年8月12日(金)の日記   ブロンズコレクター
◇4年に1回の夏のオリンピックが開催されている。場所はブラジルのリオデジャネイロ。
◇開会式から約1週間、日本チームは出足好調でメダルラツシュ(?)に沸いている
◇新聞に国別のメダル獲得数の表が出ていた。金メダル獲得数の順に並べてあるようだが日本は昨日まで金6個で、アメリカ・中国に次いで3番目である。今までの感覚では日本がこんな上の欄に出ているなんて考えられないことである。柔道が好調で3個も金メダルをとっていることも大きいが、水泳・体操も一時期の低迷期に比べてなんと強くなったことか
◇今日も柔道・卓球・水泳と順調にメダルを獲得できている。
◇ここでふと素朴な疑問。日本は銅メダルの割合が極端に多いのはなぜか。昨日までで金6・銀1・銅11である。昔ジャマイカの女子陸上選手に3位にばかりなってどうしても1・2位になれず銅メダルばかりもらって「ブロンズコレクター」と言われた人がいたが日本も同じか。
◇要するにそこそこ力はつけたが優勝するほどではない種目が多いということか。あと4年努力を重ねれば「次の東京オリンピックにはこれらの銅が金になる」と考えるのはドウでしょう。短絡的・・でしょうね。
◇今日も銅メダルが増えているようだ。がんばれ日本、金銀ザクザク!
  


Posted by OOAKAGERA at 16:14

2018年02月09日

2月9日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇早くこいこい、近所に来い
 オオマシコ、イスカ、ハギマシコ、レンジャクの群れ、ハイチュウ、ケアシノスリなどなど

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇ヨシガモ/ 意外にみつけにくい、潟湖にはいる
◇トモエガモ/コブハクの池に1羽みつけた
◇カワアイサ(2枚)/ このオスメスは50m位離れてそれでも「つかず離れず」
     

◇オオハシシギ/ 潟湖の片隅に2羽、さかんに採食
◇ダイシャクシギ/ 潟湖で越冬中、この日は2羽確認
◇モズ/ かわいいけどこれでなかなか獰猛
◇オナガ/ リンゴ園のまわりに10羽弱
     

◇コクマルガラス/ シロマルは今シーズン初見、1羽だけ
◇メジロ/ 放置されたリンゴも貴重な食料
◇シロハラ/ バーベキューサイトの芝生をうろうろ餌さがし
◇ルリビタキ/ 雪が降って少し歩きにくい遊歩道、日当たりのよいところに出て来た
     

◇ベニマシコ/ 近所の河川敷。散歩道のすぐ前、人なれ感あり
◇シメ/ 相変わらず怖い顔。北の湖前理事長というか、稀勢の里というか・・・
     


Posted by OOAKAGERA at 18:36

2018年02月02日

2月2日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇今週も寒かった

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇アメリカコハクチョウ/泥の中に嘴を突っ込んで汚れているが確かにアメコ・・・と判断
◇シノリガモ/ 県南の特定のエリアにいつも(毎年)いる
◇タゲリ(2枚) / 泥の中からなにか引っ張り出していた。切れないように慎重に「作業」していた
     

◇カナ@ダヅル(3枚) / 先月下旬、隣県で新聞ダネになっていた個体と同じと思う。昨年秋から見かけて色が褐色→灰色に変化しつつあったらしい。幼鳥(図鑑の幼鳥より少し成鳥に近いとみた)。雪で移動してきたみたい。ハクチョウの群れの中にいたがあまり目立たなかった
◇イカルチドリ/ ここにはいつもいる
     

◇オジロワシ/ なんと町の中に近いエリアをゆうゆうと横断。尾羽が真っ白でよく目立った
◇コチョウゲンボウ(2枚)/ 田んぼの畦(土手)。しばらくやすんでいたがやおら飛び立ち
◇ヒバリ/ 雪が積もるととたんに目立つ。あちこちに小さな群れ
     

◇キレンジャク(2枚)/ きましたレンジャク、ただし1羽。なんと我が家の近くの河川敷。これからどんどんくるんでしょう
◇カシラダカ/ どこでもみかける状態・・ということを記述しておくために標準的な写真をアップ
◇オオジュリン/ 声は聞こえど姿がなかなか見えない。やっと見つけたがヨシ(たぶん)にじゃまされてピントがこない
     

【今週のスナップ写真】
◇干潟の夜明け/ 唱歌「冬景色」の世界、いまださめぬ岸の家。この日は特に寒かったぁ。コクガンはみえなかった。
  

◇月食/ せっかくの「スーパー・ブルー・ブラッドムーンなのに、準備不足やる気不足技量不足でこの程度の出来。せめて三脚くらい使いなさいと怒鳴られそう
     


Posted by OOAKAGERA at 16:43