2018年01月04日

H30年1月4日(木)の日記 「回らない」寿司屋のはなし

◇正月、帰省した家族も一緒に寿司屋へ。これが何十年かぶりの「回らない寿司屋」。別に奮発したわけではなく、いつもの回る寿司屋が改修されて回るタイプから真っ直ぐやって来る特急列車タイプになっていただけ
◇どうやら注文品を届ける時間の短縮化と最後に会計の時に皿を数える時間の短縮化をはかったものとみた。類似の設備として新幹線が行ったり来たりするタイプを他の店でみたように思う。回る皿の寿司をとるより注文して出て来たばかりの新鮮なネタを欲しがる客が多くなったことも理由のひとつか。
◇たしかに配達は早かった(これはお客が少なかったせいかも)。ところが残念、1件注文品が来ないのに配達済にカウントされていた。せっかくのシステムが生きていない。まだ不慣れとみた。
◇私としては、「おあいそ」の時に皿を数えるアルバイトのオネエチャンを冷かして枚数を少なくカウントしてくれないか見ている方が楽しみがあってよかった。世の中人と人のやりとりが少なくなくなるばかりで味気ないなあ。
  


Posted by OOAKAGERA at 22:02