2017年11月30日

11月30日(木)の日記 キツツキの巣穴の木倒壊

長い文です。お暇なときに読んでください。

オオアカゲラの巣穴のある木倒壊
◇本年5月に、県中央部のハイキング道を歩いたあと起点となるキャンプ場に戻ってきてふと頭をあげるとブナの太い木にキツツキのあけた新しい穴を見つけた。アカゲラが営巣したのかなと思って見ていたらいきなり雛が頭を出した。巣立ちが近いと思われた。この日は山開きで人が頻繁に歩いていた遊歩道沿い、よくまあこんなところに営巣したとびっくり。たぶん昨日までは静かだったんでしょう。離れて、10分ほど様子をみていたが親は来なかった。後で聞いた話では親が来て、なんとオオアカゲラだったとのこと。翌日には無事巣立ちしたようで安心した。
◇先日、久しぶりまたこの場所を通ったのでオオアカゲラの巣穴はどうなっているか確認しようと探したがみつからない。目立つ場所だったので見落としはないと思いキョロキョロと付近を見回したら巣穴のあった木は倒壊していた。巣穴のところで完全に切断された状態、ただし根元もかなり腐食していて折れていたので根元が先に折れたのだろう。すでにかなり腐食していた木に巣穴を掘ったということかもしれない。
◇木は人の手で適当な長さに切断されていたがその切断面には緑色の菌が付着していた。
◇せっかく掘りあげた巣穴を来年も使ってくれるのではないかと期待していたのに残念なことであった。
     
◇オオアカゲラの堀った巣穴は結構大きく、強風時の横からの力に耐えられなかったのではと容易に想像できた。大型キツツキの巣穴による木の倒壊は北海道時代にクマゲラの巣で何回か見ている。デカイ巣穴で樹木が倒壊することはよくあることとみた。もう10年以上前の話になるが手元にある記録をもとに雑文を・・。

◇その①、大正時代に植林されたストローブ松。昔は帆船のポストに利用されたというほどの真っ直ぐな背の高い松(北海道旭川出身の女流作家三浦綾子の小説「氷点」の冒頭に見本林の「ストローブ松」が出てくる、北米原産で寿命の長い木のようだ)。この木にクマゲラが巣穴を掘り営巣した。目立つ場所でギャラリーは多かったが、6月に4羽のヒナが無事巣立ちした。その後この巣穴はエゾリス、その後ニュウナイスズメ、さらにゴジュウカラが入口を小さくリホームして使った(立派な巣穴住居は「優良物件」である)。翌年の秋、この穴をメスが清掃し冬の間「ねぐら」として使用した。3月になりオスメス仲良く行動しカップルになっていた。あちこちの木をつついて今年の営巣場所を吟味しているようだった。ストローブ松の穴はメスが継続してねぐらにしていたがオスも出入りし、いよいよ今年の営巣はここかと思わせた。しかし3月末に強風でこの松が巣穴のところから折れてしまった。クマゲラはあきらかにオロオロしていた。
    

折れた断面を見るとなんとも大きな巣穴である。これでは強風で木が折れるのも頷ける形状であった。
◇クマゲラ夫妻は気を取り直して近くのトド松にあらためて巣穴を堀り直し、営巣した。6月末に3羽のヒナが無事巣立ちした。
◇このあと7月にスズメバチがクマゲラの巣穴いっぱいに巣をつくった。スズメバチが出たあと10月頃からクマゲラは少しずつハチの巣をつついて壊していた。翌年4月からこの巣穴を整備し営巣した。ただし巣穴入口周りにはヒビがはいっているのが確認され耐久性に問題がありそうだった。
結果、ヒビから巣穴に雨水が進入し抱卵がうまくゆかなかったようで1羽は孵化後死亡して親が外に出した。巣立ちするまでこの木が耐えられるか気が気ではなかった。風が吹くとヒビが拡がるのがよくわかる状態だった(写真参照)。
   

 さすがに管理しているところでもこの木の倒壊による事故を懸念し対策を考えていた。根元から切るか、巣穴の上で切るかなどなど。しかしクマゲラの営巣に影響が大きいことから、まわりの人達に注意喚起しそのまま見守ることになった。人の出入りする目立つ場所でギャラリー(カメラマン)も多かったが残り2羽のヒナは無事巣立ちした。巣立ち後すぐにカラスに襲われた。カラスがクマゲラのヒナをくわえて逃げようとしたところを親が血相を変えて追いかけカラスはヒナを落として逃げた、ヒナは無事だった。そしてヒナの巣立ちまで頑張ってくれたこのトド松は7月下旬に倒壊した。あとで測定したら木の外形40cm、穴の外形20cm、巣の底は湿潤状態であり割れ目からかなり雨水が進入していたものと思われた。
8月に親子4羽のファミリーを見かけたので無事育ったようだ。
◇クマゲラは平行して何か所も巣穴を掘る。そのうち気に入った1箇所を本格的に穴掘りしてその年の巣にする。残りの堀りかけ箇所は翌年以降にあらためて掘り進み営巣する巣穴になることもある。上記に平行して掘った穴にも問題が生じていた。
◇古い電信柱に穴あけ。水平部を掘っていて向う側まで達して貫通させてしまった。まさに「穴明け」(写真参照)。人が出入りする建物の近くであり、電信柱としての強度低下の問題もあり職員がこの年は追い立てた。さらに翌年垂直部を掘り進んだ(先日記述の通り金属にぶち当たり放棄)。結局この電柱はバンドで補強して短期間使用継続後、新しいものに更新された。
  
 
◇この頃クマゲラ君はやたら人の近くに穴を掘った。おそらくカラスからのがれるため人の近くにきたのであろうが、カラスも人の行動をよくみているので巣穴の位置がわかってしまい、ヒナを襲ったりすることにつながっていたように思う。もっと太い木を選べば折れることもなかろうにと考えるが、人の近くには大木が少ないとも言える。
◇もう1か所、建物の近くのヤマナラシの木が気に入って穴を掘りだしたが、職員が影響を勘案して金網を巻いて穴掘り出来なくした。クマゲラは金網の上からうらめしげに木をつついていた。そこで職員さんは似たような太さの丸太をくくり付けた。ご丁寧に屋根付きで穴の希望位置にはドリルで小さな穴をあけて待ち構えた。結果は失敗。クマゲラは穴掘りをあきらめた。取り付けた屋根上からのぞかれるわけで構造的にまずかったと思う。
    

◇クマゲラは大型のキツツキで穴掘りは得意だがおとなしい性格である。せっかく掘った穴を横取りされたり、木が折れたりさんざん苦労を重ねて子育てをしているのがよくわかった。間近で観察していたうちでも上記通り樹木の折損事故が発生していた。もっと強度のある巣穴堀りまでは知恵が周らないようでかわいそうではあった。
◇クマゲラだけでなく、キャンプ場のオオアカゲラの巣穴の樹木倒壊もよくある普通の事なのだろう。  


Posted by OOAKAGERA at 14:28

2017年11月26日

11月26日(日)の日記 全日本実業団女子駅伝3区

「クイーンズ駅伝in宮城」第37回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会が今年も地元宮城県で行われた。松島をスタートし宮城野区の仙台市陸上競技場までの42.195kmを6区間で駆け抜ける。我が家から歩いて10分もかからない日の出町二丁目交差点は約10kmの長距離「3区」の最終部で、直角に左折するところで面白い写真が撮りやすい(はず)。今年もここで、「花の3区」全選手の撮影にいどんだ。・・が、今年の交通規制はゆるくて片側は車が通行するのでなかなかいいアングルで撮れなかった。いつもに比べて有名選手が少なかったように思うが、この中からオリンピックのメダリストが出て欲しい。

◇裏方さんの準備風景
◇すぐ近くに事業所のあるD社の<大>応援団
◇先行車、前触れ。そろそろくるぞ
◇先導車、先頭の選手が見えた!
     

【3区の全選手(選手の敬称略)】

■1→1位 区間1位 堀 優花パナソニック(チームのエース、アジア陸上1万メートル2位)
■5→2位 区間2位 鍋島 莉奈 JP日本郵政グループ (世界選手権1万メートル代表)
2→3位 区間3位 高島 由香 資生堂(4年連続区間賞をねらったが残念)
 3→4位 区間4位 鷲見 梓沙 ユニバーサルエンターテインメント(‘15世界陸上北京5000メートル代表)
■6→5位 区間5位 上原 美幸 第一生命グループ (リオ五輪5000メートル決勝進出)
■8→6位 区間7位 松田 瑞生 ダイハツ ('17ロンドン世界陸上1万メートル代表、本年クィーズ駅伝予選で10人抜き快走)
     

■4→7位 区間10位小原 怜天満屋 (’16 名古屋ウィメンズマラソン 3位)
■16→8位 区間6位 加藤 岬九電工(今季ハーフマラソン日本ランキング2位)
■7→9位 区間11位 西原 加純 ヤマダ電機(昨年クイーンズ駅伝6区区間賞)
12→10位 区間9位 福田 有以 豊田自動織機(今季5000メートル日本ランキング4位)
■13→11位 区間12位 橋本 奈海 デンソー('15クィーンズ駅伝3連破に貢献、6区区間賞)
     

■11→12位 区間14位 福士 加代子ワコール (ごぼう抜き累計103人だったが今年は残念、リオ五輪マラソン代表)
■10→13位 区間16位 岡本 春美三井住友海上 (お母さんがブラジル人というハーフ 群馬県出身)
■9→14 位 区間17位 藤本 彩夏京セラ(チームのエース、マラソン10代日本最高記録保持者)
 14→15位 区間13位 松崎 璃子積水化学('17全日本実業団対抗選手権1万メートル優勝)
■22→16位 区間8位 阿部 有香里  しまむら(13年連続出場、チームのエース)
     

■15→17位 区間18位 池田 絵里香 肥後銀行
■19→18位 区間15位 菊地 優子ホクレン
■18→19位 区間19位 一 紋野女TOTO
■21→20   区間20位 高山 琴海シスメックス
      

■17→21 区間21位 上杉 真穂 スターツ
■22→22 区間22位 井上 藍ノーリツ
   

 3-4年前にこの駅伝の日に「珍鳥」が出現した。ふと本日はどうかと思ったりしたが、以前は12月に大会が開催されていた。本日はまだ11月、珍鳥が出るには早い(?)。  


Posted by OOAKAGERA at 18:31

2017年11月24日

11月24日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇スコープでカモ、ガン、海上沖の観察。眼はチカチカで目薬片手に・・・

【今週の「みーつけた」一覧】
  
  
【今週の記録写真】
◇カリガネ / 今週も健在
◇シジュウカラガン / 場所を変えて大群が採食、合計500+
◇アメリカコハクチョウもどき/ 本物ではなく「もどき」
◇タゲリ / 結構いる50+
     

◇シジュウカラ / 真っ赤だな もみじの葉っぱも真っ赤だな、 紅葉もそろそろ終わり
◇イソヒヨドリ / いきなり飛び出してきた
◇マヒワ / 今回は100羽程度の小群
◇ウソ / モミジの中に入ると「保護色」のようにみずらい
     

◇ミヤマホオジロ(3枚) / オスメスいた
    

◇ミツユビカモメ / 海上沖合に]群れがプカリプカリと浮かんでいた。遠いのでスコープでも同定に手間取ったが時々飛び立つ時の足の色と頭のまわりの色合いから判断出来た。写真撮影は出来なかった。参考まで北海道時代の写真を以下に示す。道央太平洋岸で珍しく陸上でも群れを観察できた。幼鳥もまじっていた。
      


Posted by OOAKAGERA at 22:07

2017年11月17日

11月17日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇冬の小鳥、やっと会えたミヤマホオジロ、アトリ、これからほんとに増えてくるのか


【今週の「みーつけた」一覧】
  
  
【今週の記録写真】
◇マガン / 部分白化個体、寝てばかりいた。やっと起きた
◇タゲリ(2枚) / 40羽以上の小隊 
◇コゲラ/ あまりこちらを気にせず一心不乱に餌ツツキ
     

◇アカゲラ/ なかなかアップする機会がないのでたまには人目に
◇アトリ/ 声はきいていたが姿はお初
◇ミヤマホオジロ(2枚) / こちらも今シーズンお初
     

【今週の風景写真】
◇紅葉がピーク。森も林も古い城跡も・・
   

◇広葉樹の葉が落ちて大分観察しやすくなったが・・鳥が来ない
  

◇今時サクラが咲いている。ジュウガツザクラですと・・・今11月だけど。このまま春まで少ない花で頑張り春にはどんと咲くらしい
    


Posted by OOAKAGERA at 22:07

2017年11月13日

11月13日(月)の日記 さよならボーイング747ジャンボ

特に航空機に興味をお持ちの方のみみて下さい。

さよなら747ジャンボ
 テレビのニュースによると、米航空大手ユナイテッド航空は、「ジャンボ機」の愛称を持つボーイング747で最後となる運航を終わり、引退させた。機体はカリフォルニアの砂漠にある航空機の墓場へ行くそうだ。同社が1970年にジャンボ機の運航を始めて以来47年余りで幕を下ろした。同じく大手のデルタ航空も撤退、日本のANAもJALもすでに撤退している。あえて言えば日本国政府専用機2機が来年まで運航するようだ(貨物機にもまだあるのかもしれない)。
 復刻版コピペが多い当ブログでもあまりない2回目の復刻版、以下の通り。

(2016.10.18) さよなら747ジャンボ
◇今日の新聞をみたら、「消えゆくジャンボ惜別」と題して、ボーイング747ジャンボ機を海外の航空会社が日本路線から相次いで引退させているとの記事がでていた。
◇すでにJALもANAも定期路線は引退して仙台空港にはきていない。
◇米ボーイング社は生産終了を検討中とか。
◇愛着のある機体が見られなくなるのはさみしいかぎりだ。
◇古い雑文を以下にまた復刻
  
(H26.04.05) ジャンボジェット機の思い出
◇日本の空の定期路線からボーイング747機(愛称ジャンボ)が先月末で撤退したようだ。
◇高度経済成長期に合わせるように世界の空を飛びまわって活躍したジャンボ機も時代とともに効率が悪くなり、老朽化もあっての段階的リタイアーも最後となったようだ。
◇2階席がある巨大なジャンボの機体は最大500人を運べる。国内では1970年に日本航空が飛ばし始めた。A380が2007年にデビューするまで、長らく世界最大の旅客機の地位にあり続けた大型機である。(特に国内線を飛んだ改良型の747-400は定員が多かった)。
◇私も過去、公私ともに大いにB747を利用させてもらったが、思い出に残っているのはやはり何等かの特記的な出来事があった場合となる。
◇初めての搭乗は、海外路線JAL002便。アメリカ大陸西海岸への旅であった。胴体の横幅がやたら広く、シートが3-4-3(まるで弱小サッカーチームの布陣?)と横10人なのにビックリさせられた。
◇クイズ番組に参加してアメリカ大陸まで行った時のこと、ハワイからアメリカ本土への米国国内便で到着後機内から降りるのが最後になってしまい混雑してなかなか降りられず機内で待っていたら、風格あるパイロットが来て何か言っている。どうやらコックピットを見学させてくれるらしい。まわりの人たちとノコノコと2階に上がり計器だらけの操縦席を見学。まだアナログ計器だったと思うがやたらめった多くの丸い表示盤が並んでいるのに驚いた。このうちほんとにしょっちゅう監視しているのはわずかだとは思うが目がくらみそうに感じた(しかし今ならこんなことはさせてもらえないと思う、貴重な経験。パイロットのおじさんありがとう)
◇国内便では、札幌に出張した帰りにジャンボ機を1-2分待たせたことがある。まだ新空港になる前の千歳空港である。搭乗手続きをしたあとに北海道で農業をしている友人から電話があり夕張メロンを持っていくから待っていろとのこと。ところがなかなか来ない。航空会社の職員に事情を説明したら少し待ってくれた。そこにメロン(と友人)が到着、とにかく急いでメロンを受け取り両脇に抱えて機内へ。すぐにドアが閉められ出発。ドーモドーモとんだことでした。搭乗入口と機体がすごく近かったからこんなことが可能だった。今なら難しい。
◇冬、雪を頂いた神々しい姿の富士山の上を飛んだことがある。たぶんあまりにいい景色で機長がサービスでルートを少し変更して飛んだと思うが、その昔BOAC機が晴天の富士山のエアーポケットに入り込み墜落したことを知っていたのであまり気持ちのいいものではなかった。景色は素晴らしかったが。
◇ジャンボは2階にアッパーデッキがある。海外便ならファーストクラスかビジネスクラスのはず。国内便も格差がついていたと思う。ある時、機材のやりくりがつかず一般平民席の私が2階席に座ったことがある。スッチーさん(CAさん?)もそれなりの人たちのようで、訳知り顔の女史が私のよれよれのコートを慇懃に取り扱うのにはいささか背中がむずかゆかった。
◇御巣鷹山で満員のジャンボ機が墜落事故を起こし多数の死者を出した。間接的な知り合いもいてなんともやりきれない思いがあった。機体後部の圧力隔壁の修理方法に問題があったと思われてならない。防げた事故と思ってしまう。
◇仙台空港はジャンボの受け入れのために滑走路の延長、県道のトンネル化が行われたと人づてに聞いた。もう昔の話になってしまった。
◇ハイテクで省エネをうたった新型機はトラブルが頻発して、ジャンボ機の引退も少し延びたようだがいよいよあの独特の親しみを感じさせるふっくらとした女王の姿はみられなくなった。小さくて遠くまで行ける新型機の時代となり、移り変わりで当然なのだがちとさみしい気もする。
  


Posted by OOAKAGERA at 15:37

2017年11月10日

11月10日(金)の鳥見 今週の振り返り 

【総括】
◇冬の小鳥がその後なかなか増えてこないように思える

【今週の「みーつけた」一覧】
  
  
【今週の記録写真】
◇カリガネ(2枚) / なぜかいつも同じエリア、マガンの群れの端の方にたむろ、約30羽。若もいる。
◇シロチドリとハマシギ/ 干潟の海岸に出るとよくいる。ミユビシギも混じっている。
◇ツルシギとエリマキシギ/ ふゆみずの沼。通りがかりか冬を越すのか・・
     

◇クロハラアジシ/ 干潟の上を行き来してたまにダイビング、採食していた
◇ハイイロチュウヒ/ 正面顔を撮りたいがなかなか間に合わない
◇ミヤマガラス/ 大群が来ている。コクマルを探したがここにはいないようだった。
      


Posted by OOAKAGERA at 20:30

2017年11月09日

11月09日(木)の日記 車のミラーに映るのはダレ 

ジョウビタキのミラー攻撃
◇青葉山の駐車場まわりにジョウビタキがいてよく近くに来て鳴いている。行動を見ていると少し遠くまで行ってもサイドミラーをたたんでいない車を探して鏡に映る「敵」と対峙している。車のミラーに写る自分の姿が気になるようだ。室内側の平面状のガラスを見たりサイドミラーをみたりしていた。

   

◇ドアの窓のふちに止まってキョロキョロしていたが、やおら飛びかかったのはサイドミラーの方の「敵」、(動きが早くて写真にならず)。ドアのガラスよりミラーの方が写りがシャープで臨場感があったのかそちらにとびかかった。どっちにしろ鏡に映っているのが自分とは気が付いていないようだ。

以下は北海道時代の類似の話、古い話のコピーです。(H20.09月)
 わが家のまわりのニュウナイスズメの話。わが家は山の手(良い響きなのでこう表現しますが、森に隣接した閑静なところです)にある集合住宅。去年今年と、初夏にわが家の窓からニュウナイスズメのけなげで感動的な行動を観察した。
 ニュウナイスズメは北海道では夏場に民家の近くでもふつうに見かける。場所によってはただのスズメより多いように思われる。
◇昨年の夏6月下旬、わが家の窓のすぐ下に見える古いカーブミラーのまわりにオスメスのニュウナイスズメがいて、オスはさかんに上から鏡を覗きこんでいたが、やおら鏡に向かって攻撃を開始、何回も繰り返した。

   

ミラーの支柱に巣材を運んだりしていたので、もしかしたら営巣と思ったが結果としては違った。それから数日、ミラーに向かってオスの攻撃は続いた。ホバリングは出来ないようで1~2秒で上から下に落ちてしまう
  

◇このカーブミラー付近でしばらくオスメスの姿をみかけたが数日後今度は場所を変えて、球形の街路灯(上半球は鏡のようになっている)の上に乗ってさわいでいた。滑って遊んでいるような感じに見えたが写真で確認すると明らかに鏡に写る自分の姿に攻撃している。
  

最初はほほえましく思えたが、いつまでもくりかえしている姿をみているとかわいそうになってきた。結局いつのまにかいなくなってこの年、営巣は確認していない。

さて話は現在に戻る。テレビのニュースで面白いとしてとりあげられていた話題。
◇アメリカジョージア州の小さな町で車のサイドミラーが何者かに割られる事件が頻発した。警察はパトロールを強化し犯人検挙に邁進した。
◇その後犯人が判明した。なんと大型のキツツキ「エボシクマゲラ」。サイドミラーに写る自分の姿を敵と勘違いして得意の嘴でつついてガラスを割ったようだ。
◇住民はミラーに袋をかぶせて被害防止を図っているとのこと。
◇このエボシクマゲラは16.5インチ(42cm)もある大型のキツツキ。嘴でつつく威力はガラスを簡単に割ってしまうほどなのだろう。


◇話はまたあちこちにゆく。クマゲラと言えば日本のクマゲラの話。こちらは長さは45.5cmあるのでエボシクマゲラよりさらに大きい。北海道に住んでいた頃、隣接する林でよく営巣していた。
◇ある年、古い木製の電柱に巣穴を掘り始めたことがある。巣穴を水平から垂直に掘り進みもうすぐ完成かとなった頃カンカンと金属音がきこえるようになった。なんと電柱に打ち込まれた太いクギ(電柱に登るための足がかり)にぶち当たりこれをさかんにつついていたのだ。カンカンはしばらく続いたがさすがにあきらめてここには営巣しなかった。しかしあとでみるとかわいそうにクマゲラの嘴の先端は傷ついていた。
   

◇これで話は終わりです。連想ゲームのように次々と話題が飛び(支離滅裂?)、混乱したらすみません。  


Posted by OOAKAGERA at 14:53

2017年11月03日

11月3日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
◇マヒワの大群、久しぶり

【今週の「みーつけた」一覧】
  
  
【今週の記録写真】
◇ハクガン/ マガンの中に1羽、なかなかの美形(イケメンか)
◇ヒドリガモ/ 眼のまわり緑のアイシャドウの個体
◇ウミアイサ/ 干潟にはめずらしいのかも
◇タシギ/ またまたタシギ、ここは水が多い
     

◇カワウ(2枚) / 干潟の砂浜に大群、風をよけて避難か
◇オオソリハシシギ/干潟、まだいた。
◇ハヤブサ/ タシギの群れにねらいをつけて突っ込んでいった
      

◇マヒワ/ 森、200羽以上の大群
◇アオジ/ めずらしくもないが・・・
      


Posted by OOAKAGERA at 22:18