2016年12月30日

12月30日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 ・今週も繰り返し品が多くトピックスはなし

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇オオハクチョウ/ 「ズグロハクチョウ」という名前が適切か?
◇カリガネ/ 今回は夕方でなかったのでセピア色写真は回避
◇シジュウカラガン/ あちこちでマガンの群れの脇に一個連隊という風情、シジュウカラガンのみの大群には出会えない。大分ばらけているみたいだ
◇ハジロカイツブリ/ 結構距離があってもすぐにこちらに気がついてドボンと潜る
     

◇ヘラサギ/ 継続して越冬中。場所も定位置
◇タゲリ/ いつもの田んぼでたむろ
◇ハイイロチュウヒ/ メスが1羽飛んでいた(夕方までは観察時間が取れないのでねぐらいりは見れない)
◇チョウゲンボウ/相変わらずあちこちで出会う
     

◇オナガ/ 15羽ほどの群れ。
◇オオジュリン/ 干潟そばの草原にて
   

  


Posted by OOAKAGERA at 22:05

2016年12月23日

12月23日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 ・今週は「眼玉」がない。

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇コハクチョウ/上空をよくおしゃべりしながら飛んでいる。
◇トモエガモ/「ともえ」だがオスもいるって・・・名前の漢字を確認しろって。はい
◇ホシハジロ/オスメス。この3羽の関係は?
◇ビロードキンクロ/高台から沖合をスコープで観察していると結構海鳥が見つかる。これは双眼鏡で見つけたビロキン9羽の飛翔
     

◇ミコアイサ/天気の良い日に水面の白い鳥を撮影するのはなかなか手ごわいものがある。また「白とび」でした
◇カンムリカイツブリ/同上、撮影テストその2、少し曇っていたので・・
◇ダイシャクシギ/潟湖に3羽は越冬中。そのうちの2羽
◇ユリカモメ/近くに来たらあらかわいい、(その声を聞くとややがっかり)
     

◇ウミスズメ/40倍のスコープでやっと確認できたので強引に撮影、ショウコシャシン
◇メジロ/動きが早くて
◇ジョウビタキ/お目目パッチリ
◇マヒワ/ほぼマヒワ、あとカシラダカとカワラヒワも
       


Posted by OOAKAGERA at 19:07

2016年12月21日

12月21日(水)の日記 「たるひ」とは

◇毎朝(月~土)7:00からNHKBSプレミアムで「ニッポンの里山」という番組を放送している。画像が美しく、また鳥もよく出てくるのでよく観ている。

以下はNHKのHPからのパクリ
人の暮らしと多様な生き物を育む自然が見事に調和した日本ならではの美しい環境、里山。田んぼや雑木林、放牧地や茶畑、さらに海辺や神社など日本全国には人と生き物が共存する里山がたくさんある。全国の里山を訪ね、旅を通してその土地ならではの美しい風景に出会い、人と共存する多様な自然をみつめるミニ番組「ニッポンの里山・ふるさとの絶景を訪ねる旅」。毎朝1か所づつ日本全国の里山を紹介していく。

里山には季節感あふれる言葉がたくさんある。俳句の世界では季語としても使われる美しい言葉。写真家の今森光彦さんが撮影した珠玉の映像とともに私たち日本人が育んできた豊かな自然観をお楽しみ下さい。


◇今日の番組の終わりで紹介された言葉はなんと「垂る氷(たるひ)」。以前当ブログで仙台弁のようなそうでないような思いで拙文をアップした(以下参照)が、立派に全国共通、昔から使われる美しい季節の言葉のようだった。

2016.2.13 の当ブログ記事
◇「たるひ」・・・昔昔近所のおばあちゃんがこのように言っていたのでてっきり仙台弁でツララのことをタルヒと言うんだと思っていたが、どうも古い時代の表現で「垂氷(たるひ)」らしい。古語が方言のように局所的に残っていて使われている例はままあるようだ。
    


Posted by OOAKAGERA at 22:07

2016年12月21日

12月21日(水)の日記 かさ上げ道路ほんの一部開通

県道10号線かさ上げ道路一部開通
◇県道塩釜亘理線(10号線)は沿岸の鳥見の目的地へ行くのにしょっちゅう利用している
◇海辺に近いルートであり東日本大震災の津波でほぼ全線にわたり被災し、道路は津波の多重防御の一つとして「かさ上げ」することになり工事が行われている。
◇このうち岩沼市南部の一部が開通した。かさ上げ道路として最初の開通とのこと
◇ここは、もともとあった道路の位置を変えずにかさ上げするので工事期間は仮設の道路が脇に作られた。早く終わらせて仮設道路の用地を地主に返却しなければならない事情があって急いだように見える。
◇その出来上がったばかりのかさ上げ道路を車で走った。高さ2メートル半ほどでたいしたことはないが土手ののり面に落ちるような感じはないか心配だった。しかし手すりがあり歩道がありでまったく気にならず通行出来立た。
◇これからどんどん他の場所も出来上がって開通して行くことと思われる。不安感なく、違和感なくスムーズに通行できるように仕上がってほしいものだ。

  


Posted by OOAKAGERA at 21:35

2016年12月16日

12月16日(金)の日記 鳥のスケッチ 薮内正幸展を見て

 鳥見仲間の先達のご推奨もあり、本日宮城県美術館県民ギャラリー2というとこで開催されている「動物画家薮内正幸原画展」を見てきた。
 名前は知っていたが、展示されている原画のすばらしさに感動した。特に黒い細い線で描かれたペン画の鳥にはそのダイナミツクな構図と精密な描きようにしばし見入るばかりだった。手書きの絵は写真では得られない迫力そして温かみを感じる。
 これだけ精密に描くには技量だけでなく鳥についての知識、そしてよくよくの観察力が必要だろう。
 鳥のスケッチを描くにはまずポイント(特徴)をよく把握していないと描けない。
 北海道の某ネイチャーセンターで若いレンジャーさん達が毎日鳥の観察日誌の欄外にその日の代表的な鳥のごく簡単なスケッチを描いていた。冷やかし半分でそのスケツチを見ていた。ある日の絵は「オカヨシガモ」。特徴は「特徴のないのが特徴」とかいてあり絵はなしだった。その日は疲れていたんでしょうね。簡単な絵ほど難しい。
 山形のY川さんがプロデュースしたトレーナーを愛用している。胸にごく普通に見かける小鳥が描かれプリントされている。この絵が見事にシンプルにそして特徴を外さず描かれている。鳥見のプロで絵師(?)でもあるY川さんならではの作品でしょうね。感服。
  


Posted by OOAKAGERA at 22:33

2016年12月16日

12月16日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 ・今週はヤボ用連続、あまり鳥見に出かけられず

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇コクガン/ 干潟のコクガンがどんどん増えている
◇オオハシシギ/ ついに越冬、2羽の羽衣がかなり違う
◇ミサゴ/ やたらクネクネした魚をふん捕まえていさんで移動
◇オジロワシ/ あら珍しい。干潟近くの上空で旋回(ショウコシャシンです)
     

◇ハヤブサ(2枚)/ 幼鳥がじっとしているところに成鳥がちょっかいを出している構図
◇ハギマシコ/ 雪が降る中10羽+のハギマシコが斜面にとりついていた
      


Posted by OOAKAGERA at 22:00

2016年12月10日

12月10日(土)の日記 常磐線浜吉田・相馬間復旧

常磐線宮城県沿線運行再開

◇東日本大震災で被災したJR常磐線の相馬-浜吉田間が運行を再開した。
◇5年9ケ月ぶりに仙台圏と相馬地方が結ばれた。
◇鳥見でしばしば訪れる鳥の海の先(南)、牛橋などがあるエリアであるが、人も住まず、鉄道も走らず淋しい地帯であった。これからは少しは乗客数も増えること思われる。

◇震災から間がない2011年8月14日の写真。山元町の常磐線が通っていたところに電気機関車。レールは津波による損傷が大きかったようで撤去されている。なんとも不思議な景色・・・(ここは線路を山側に移動して復旧された)
    

(追記)
◇札幌発、東京隅田川行きの貨物列車の機関車ED75-1039。岩沼発1353。浜吉田~山下間で被災
◇機関車は線路にとどまったが、コンテナー貨車20両は付近に散乱した
  


Posted by OOAKAGERA at 17:10

2016年12月09日

12月9日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 ・冬の鳥見シーズン、今週はカウントした種の数も多かった

【今週の「みーつけた」一覧】
   

【今週の記録写真】
◇マガン/ 何かをきっかけに一斉に飛び立つ。必ずしも猛禽がきたわけではない
◇カリガネ/ シジュウカラガン、ハクガン、マガン、オオヒシクイと定番コースを見てゆくといつもカリガネは日が傾いて夕方の色の写真
◇ハクガン/ いつもの近く、ただし入れ替わっているようだ。しかも2羽に増えていた
◇シジュウカラガン/ 神出鬼没の大群、本日は無駄時間なく遭遇
     

◇アメリカコハクチョウ/ ファミリーと思われる。嘴の黄色が微妙に異なる。ハイブリツドもいるかも
◇クロガモ/ 今シーズン初認、結構な数の群れ
◇ミコアイサ・カワアイサ・ホオジロガモ/ 変な組み合わせて゜一緒に行動していた
◇ヘラサギ/ 久しぶりに見た、どこにかくれていたのか
     

◇タゲリ/ 合計100羽ほどがたむろ
◇クマタカ/ また出会った。他にヤマセミ・カワガラス・ヤマドリなども近くに現れた。山の中に入るといろいろな種に出くわす。うれしい!
◇コチョウゲンボウ/いつものカントリーエレベーター前、またコチョウゲンボウに会えた
      


Posted by OOAKAGERA at 21:09

2016年12月05日

12月5日(月)の日記 単管バリケード新図柄

 街の工事現場などで見かける立ち入り禁止(または通行止め)の単管バリケード(ようするに「ウマ」)のデザインが面白いので見かけたら撮っている。知り合いから新しい図柄が届いた。鹿島建設の<かじまる>。復興工事が大がかりに行われている女川にてとのこと。
 提供してくださった■■■■さん、ありがとうございました(お礼は心をこめた「言葉」で)
    


Posted by OOAKAGERA at 20:34

2016年12月02日

12月2日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 ・冬の小鳥、赤・青・黄色を探すがまだ出くわさない

【今週の「みーつけた」一覧】
    

【今週の記録写真】
◇アメリカコハクチョウ/ 嘴の基部にわずかに黄色があるがいいんでしょう
◇ミヤマガラス/ 夕暮れの中大群が乱舞、この中にコクマル白黒もいた
◇キクイタダキ/ 動きが早くて撮影が追いつかない。なんとか飛んでるところをキャッチ
    

◇ホシムクドリ/ ハクセキレイの群れと一緒にほ場整備のブルドーザーが土を崩すのを待ってまとわりついていた。13羽の小群
◇ジョウビタキ/ 日の光を浴びると一段と目立つ
◇コサメビタキ/ まだいた
     

◇ニシオジロビタキ/ 下側嘴が「肉色」なので「ニシ」
     


Posted by OOAKAGERA at 21:49