2016年08月29日

8月29日(月)の日記 戦国時代の英雄 大谷吉継

またまた非生産的な話です。お時間のある方だけ読んでください。オリジナリティに欠けるので数日後消します。

削除しました  


Posted by OOAKAGERA at 13:07

2016年08月26日

8月26日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 ・シギチがやっと近くにもポツポツ

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇サギ向きの深めの水たまりは見かけるがシギ向きの浅い水たまりはなかなかない
◇バンの親子/元気に育っている
◇オオバンの親子/たった1羽のヒナを大事に育てている
◇タシギ/水の中が好きのようだ
     

◇オオソリハシシギ/チユウシヤクの中に1羽
◇チユウシヤクシギ/7羽が水際にたむろ
◇ソリハシシギ/写真の中に3羽います
◇チョウゲンボウ/カラスとバトル、民家の軒先きに退避
     

◇セッカ/珍しく近くに来てくれた
   


【今週の風景写真】
◇干潟の復旧工事がどうやら始まった。旧養魚場池のまわりの進入路設置工事
  

◇仙台平野の稲はたわわに実りまもなく稲刈りと思われる
    


Posted by OOAKAGERA at 21:18

2016年08月25日

8月25日(木)の日記 大地震のアマトリーチェ村


◇大分前に「スパゲッティ・アマトリチャーナ」という料理を教わった。イタリアのアマトリーチェというところ出身の人がアレンジしたパスタとのことであった。
◇缶詰トマトを使って、オレンジ色に見えるまで炒めてコトコト煮てつくったトマトソースが味の決め手でなかなかおいしい。今でも時々つくる。
◇このアマトリーチェ村を大地震が襲い村は壊滅的な状態という。夏は観光で訪れる人も多く、どれだけの人が被災したのかまだ把握できない状態と言う。
◇遠く離れた外国の村だが料理を通じて親しみを感じる。どうか早く余震がおさまり生き埋め状態となった人たちが無事救出されることを祈るばかりだ。
  


Posted by OOAKAGERA at 21:21

2016年08月23日

8月22日(月)の日記 高校野球終了 オリンピック閉会式

◇台風が関東を縦断して宮城県、それも仙台めがけて北上中。東京周辺では被害が出ているようだ。不要不急の外出は避けるようにとテレビのニュースが告げていた。言われるまでもなくとても鳥見は無理。家に足止めされてオリンピックの閉会式の録画など見るしかない。
◇というわけでまたまた駄文をサラサラと、もとい「ザラザラ」と。一部じいさんのあやふや思い出による部分もあり、ご容赦を。

◇オリンピックの影にかくれてしまったが夏の高校野球の決勝戦が行われた。勝ち上がったのは栃木の作新学院と北海道の北海高校。まだ北海道民の気分が抜けきっていない当方は北海を応援。しかし、実は栃木は親戚も多い「私の出身地」であり作新を応援する気も幾分かはあった。結果は作新の大勝、くやしさより素直におめでとうという気分だった。
◇作新学院は54年前に初めて春夏連続全国制覇をはたしている。この時はその後春夏制覇を果たした他の各校とはちがって、春夏でエースピッチャーが異なっていた。
◇春夏連続全国制覇の年の作新学院の主戦投手は八木沢荘六だった。春の選抜では、延長・再試合もあった中1人で投げ切り苦労の末初優勝を果たした。夏もその勢いのまま甲子園に出場を勝ち取った。しかし初戦前になって八木沢が食中毒で隔離されてしまい急遽2番手の加藤斌が投げることになった。誰しも八木沢が投げて春夏連覇をと思っていたのでがっかりしたものである。ところがこの加藤が予想以上の活躍をみせ、というか八木沢の影に隠れていたがもともと実力の持ち主だったようで、大活躍、ついに優勝してしまったのである。
◇その後八木沢は早大からプロ野球へ、加藤はプロ野球の中日に入団した。しかし加藤は入団して2-3年して地元に帰った時に自動車事故を起こして死亡してしまった。
◇八木沢はロッテに入団し、実力をつけていった。仙台の宮城県営球場で完全試合をしたことがある。仙台ともかかわりがあった・・というか、この人コーチ・監督を含めあちこちの球団をわたりあるいている。教える事はうまかったようだ。そういえば千葉県に住んでいた時ロッテの監督だった時の試合を見に行った覚えがある。
◇作新学院といえば江川を思い出すが、そのずっと前に春夏連破した大投手が2人いたことはあまり知られていないように思う
◇半世紀ぶりに聞いた、作新学院のゆったりとしたワルツのような校歌を懐かしく聞いた。優勝おめでとう。

◇オリンピックが終わって閉会式が催された。
◇閉会式で行われた演技には、日本からの映像もあったらしい。どこまでが映像でどこからが現場で行われている実技なのかなかなかわからなかった。それだけうまくつくられていたということか。日本の映像技術はすでに次のオリンピックの準備OKとみました。
◇安倍首相がお出ましになったのは確かにサプライズだったが、土管で地球を貫くというアイデイアは、原子力発電所のメルトダウンによる「チャイナシンドローム」を連想させてあまりいい感じはしなかった。

  


Posted by OOAKAGERA at 15:51

2016年08月22日

8月22日(月)の日記 蒲生の震災モニュメント完成

◇東日本大震災の津波による大きな被害を受け、街全体が移転せざるを得なくなった蒲生地区でお亡くなりになった御霊を追悼する震災モニュメントが完成した。8月11日の月命日に除幕式がおこなわれたらしい
◇場所は旧中野小学校跡地、日和山のような小高い台地が出来ているのは知っていたが、現在まわりは造成工事の真っただ中でどこから近づけるかわかりにくい。
◇モニュメントには蒲生干潟の水鳥が表わされている。コアジサシ(と思うが)はややふっくらしている。
◇慰霊碑は小山の頂上に設置された。別に蒲生の旧4町内会ごとの説明碑も設置されている。

       


Posted by OOAKAGERA at 16:08

2016年08月20日

8月20日(土)の日記 リオオリンピツク、日本の活躍

◇リオオリンピックも終盤、日本のメダル獲得は続いている。
◇レスリングは特に女子の活躍があってメダルを多数獲得。本日までの日本のメダル計は金銀銅、12-8-21。
◇メダルラッシュで少し感激も薄らいでいたが本日は今回のメダルの中で最大の「びつくりメダル」が日本にもたらされた。陸上男子100m×4リレーの銀メダルである。
◇今日は、県南の干潟をみに行こうとのんびり出発、しかし気になる陸上男子400メートルリレー。車のテレビは走行中は見れない。競技スタート直前にテレビで観戦のため道端の広いところにに駐車、小さい画面を食い入るように観た。準決勝から好調の日本の4人だったが、皆素晴らしい走りそして見事なバトン受け渡しで、ジャマイカに次いで2位、アメリカ等の強豪を抑えてゴールには本当にびっくり、大感激であった。陸上のトラック競技での銀メダルは初めてらしい。
◇オリンピツクはあと2日、日本チームは目標のメダル獲得数に達して満足らしい(金メダルは目標まであと2個とのこと)。さてきたるべき東京オリンピツクでこれ以上のメダルを獲得するには相当の努力と強化のための予算の確保が必要とみたが・・・。
  


Posted by OOAKAGERA at 21:47

2016年08月19日

8月19日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 ・ジシギがうろうろ

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇アマサギ(左)/ 緑の田んぼから首を出すイメージがあるのだが今年はなかなかその情景に行き当たらない
◇コアオアシシギ/ 干潟の隠れ湿地にいた。前に確認した時から継続していたのか・・
◇アオアシシギ/ コアオアシシギが近くにいると大きさの違いを再認識させられる
◇タカブシギ/ シギチのメッカ埋立地も工事が進んで観察しにくい環境になって来た。その中にタカブが・
     

◇トウネン/ 埋立地の池、かろうじていてくれた
  

◇オオジシギ/ 水を張った休耕田のすぐ近くの畦畔(あぜ)にジシギが・・。いろいろ調べるとオオジシギのようだ。飛翔写真もあわせて。
       


Posted by OOAKAGERA at 19:53

2016年08月14日

8月8日(月)の日記 仙台七夕竹飾り

 少し遅れましたが、仙台七夕のスナップ写真です。8月8日(月)に仙台駅から中央通り、一番町と歩いて目についた飾りをただただ撮影したものを羅列します(メモリー確保のため数日で消去します)

◇新X橋へ向かう高架橋かプツンと切断、映画のロケ跡か
◇パピナ名掛丁入口/大正園/松澤蒲鉾
     

◇七夕最終日、平日なのにすごい人出
◇愛宕上杉通りを横断
◇白松がモナカ/常陽銀行
     

◇常陽銀行アップ/荒岩商事/西村呉服店
     

◇西村呉服店/日興ビル/三原堂/天成堂
     

◇平和七夕/水晶堂
     

◇阿部蒲鉾店/しまぬき/東二番町小/メガネの相澤
     

◇田中貴金属/高松市立小/藤崎/白松がモナカ
     

◇仙台市教育委員会/東北大/フィリピン/鐘崎
     

◇一番丁ステアビル/お茶の井ケ田/鈴喜陶器店/清月記
     

◇むかでや&つるは/菓匠三全/一番町4丁目商店街
     

◇エビスヤビル/なまはげ/江陽会館/松陵児童館
     

◇こちらは最近よく話題になる近郊(在郷)の七夕。地元宮城野区原町本通り。
  
  


Posted by OOAKAGERA at 22:10

2016年08月14日

8月13日(土)の日記 野球観戦 日ハム快勝

プロ野球日本ハムファンの方のみ見てください  8月13日(土)記

◇今朝は起き掛けにオリンピックのテニスの放送を観て、錦織選手の大逆転劇に感激したが、夕方になって野球を見に行って日ハムの勝利にまた感激した。よい一日だった。本日の試合の結果は以下の通り。
  

◇日ハム高梨・楽天則本ともよく抑えて内容のある息詰まる投手戦だったが、8回に何回目かのチャンスを生かした日ハムが勝ち。
◇今日の◎印は高梨、田中賢介。高梨は被安打3、ランナーが少なくて締まった試合を見せてくれた。初完封、7勝目おめでとう。賢介は、8回2死満塁で気持ちのこもった打球を打ち内野強襲安打。これで2人が生還し均衡が破れた。よく打った。
◇コボスタは、最近日ハムが来ると満員のことが多い(日ハムに限らないのかもしれないが)。安全をみて前売り券を買いに一昨日わざわざコボスタまで出向いた。
◇本日か明日のチケットを探したが3人・2人のボックスはすでに売り切れ。どうも明日はユニフォーム(レプリカ)プレゼントとかで全席早くから売り切れとのこと。結局いつもの外野自由席がなんとかとれた。明日は今日よりグレードが高く設定してあり数百円高い。楽天のユニフォームは不要だしちょうどよかった。
◇さて観戦。今日は少し早めに行って練習風景を見る事にした。
◇試合開始2時間前くらいは、ビジターの日ハムは守備練習をしている。ユニフォームをきておらずTシャツ風の統一されたシャツを着ている。一応背番号はついているがちいさくて見えない。レギュラーでない選手の様子をみようと思ったのにだれだかわからない人が何人かいた。練習時も大きな背番号のついたユニフォームを着用すべし。
  

◇早めの夕食は新発売の「山海弁当」・・・ドウデモイイ・・・失礼
  

◇外野にメリーゴーウランドを作ったと新聞記事にあったが確かに出来ていた。子供のお客が列をなしていた。
◇本日の日ハムの先発投手は高梨。外野の目の前のグランドで投球練習していた
   

◇各チーム主に夏場にさまざまなユニフォームを着用する。日頃の特徴がなくなってどこのチームかわからないほど。日ハムも毎年違ったユニフォームで登場する。またさらにファン専用のアレンジ品もあるようだ。この中にはなかなか素敵なデザインも見かける。目の前のお二人のユニフォームもその口か。少なくともピンクのユニフォームは試合には使っていないと思われる。
  

◇コボスタ球場は今年から自然の芝を張っている。内野のダイヤモンドの選手が走り回ったり、守備位置まわりは砂になつている。この手入れが大変。3回・5回・7回には大勢が出てきて整備していた。
◇夏場は5回の裏の後に花火が打ち上げられる。これは隣の陸上競技場で打ち上げられる。ライト側外野(いつも私が位置するところ)からが一番よくみえる。
    

◇今日も「満員御礼」とのこと。言葉でない御礼が欲しいと思ったら他のゲームの割引をするみたい(おそらく不人気の試合)。あまりありがたくない。
  

◇毎度キレのいいダンスを披露してくれる楽天のチアーのお嬢さんたち、夏休みらしくずいぶん出番が少なかった。ザンネン
  


Posted by OOAKAGERA at 09:45

2016年08月12日

8月12日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 ・淡水系のシギ・チはどこで休憩しているのやら

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇オシドリとカルガモ/ 結構人見知り、近くにはなかなか来てくれない
◇ハシビロガモ/ 近くでみるとかなり「こわもて」
◇カンムリカイツブリ/ 干潟に1羽、少し離れた池で孵化した個体か。その池の幼鳥がみえなくなった。巣立ちならぬ「池立ち」か
◇サギのサミット/ 休耕田に水が入ってサギには絶好の陣地
     

◇ムナグロ/ 埋立地。
◇ダイゼン/ これも埋立地
◇イカルチドリ/ 同上。コチドリと2ショットで比較が出来る
◇メダイチドリ/ 同上
     

◇オオジシギ(と思われるが・・5枚)/
      

  

◇キアシシギ/ 干潟。めずらしくもないですが
◇オオタカ/幼鳥が上空を旋回
◇ノスリ/ 干潟にて
◇コムクドリ/ 川の近くの木にたかっていた
       


Posted by OOAKAGERA at 21:30

2016年08月12日

8月12日(金)の日記 ブロンズコレクター

◇4年に1回の夏のオリンピックが開催されている。場所はブラジルのリオデジャネイロ。
◇開会式から約1週間、日本チームは出足好調でメダルラツシュ(?)に沸いている
◇新聞に国別のメダル獲得数の表が出ていた。金メダル獲得数の順に並べてあるようだが日本は昨日まで金6個で、アメリカ・中国に次いで3番目である。今までの感覚では日本がこんな上の欄に出ているなんて考えられないことである。柔道が好調で3個も金メダルをとっていることも大きいが、水泳・体操も一時期の低迷期に比べてなんと強くなったことか
◇今日も柔道・卓球・水泳と順調にメダルを獲得できている。
◇ここでふと素朴な疑問。日本は銅メダルの割合が極端に多いのはなぜか。昨日までで金6・銀1・銅11である。昔ジャマイカの女子陸上選手に3位にばかりなってどうしても1・2位になれず銅メダルばかりもらって「ブロンズコレクター」と言われた人がいたが日本も同じか。
◇要するにそこそこ力はつけたが優勝するほどではない種目が多いということか。あと4年努力を重ねれば「次の東京オリンピックにはこれらの銅が金になる」と考えるのはドウでしょう。短絡的・・でしょうね。
◇今日も銅メダルが増えているようだ。がんばれ日本、金銀ザクザク!
  


Posted by OOAKAGERA at 10:49

2016年08月05日

8月5日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 ・仙台地方もやっと梅雨明け。とたんに真夏日がやって来た。炎天下の鳥見はきつい
 ・シギ・チの移動の時期、それなりに。干潟にキアシが20+は目立った。
 ・淡水系のシギチを探していてジシギを見つけた。

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇チュウジシギ/  ジシギと言えばタシギ・・とすぐ判断しがちだが、写真でよく確認したらチュウジシギのようだ。写真がないと同定できないためにあまりカウントされていないのではないだろうか。尾羽を開いた写真を撮れたのは「運」。滞在している2羽ともチュウジシギのように思われる。
  ➡つつしんで訂正させていただきます。オオジシギでした(9月2日の項参照ください)
     

◇コアオアシシギ/ 干潟に1羽
◇アオアシシギ/ 干潟に2羽。1羽は前から滞在していたが同一個体かどうかは不明
◇キアシシギ/ 干潟に20+ 目立って多かった。汀にちらばっていた
◇ソリハシシギ/ キアシシギに混じって1羽。干潟にて
     
  

    


Posted by OOAKAGERA at 22:35

2016年08月02日

8月2日(火)の日記 テレビドラマ「北の国から 17話」

 CSのフジ系列局で、北海道富良野を舞台にしたドラマ「北の国から」の初期作品を2本づつまとめて毎日夕方に再放送している。夏休みを意識しての放送と思う。一応録画しているが真剣にすべてを観たのは昨日放映された「第17話」だけである。この内容については以前このブログに書いている。ただし削除していたのであらためて復刻アップする。
 空知川沿いを走る列車(国鉄色のキハ・長大列車である)から必死に手を振る令子(いしだあゆみ)、と対岸を手を振りながら走る蛍、いつみても感動のシーンである。このあと令子は亡くなるので2人が会えた最後のシーンだといいうことを知ってるので悲しみは倍増である。
 いまさらながらキャストがみな若い、亡くなった人もいる。あまりに昔で感慨に浸るのを通り越している。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(2011.11.4)   復刻

◇BSフジで月曜夜に「北の国から」の再放送をしている。初期の連ドラで総集編ではないのでじっくりみれる。
来週月曜日(あさって)は「北の国から」の中でも最も泣ける名シーンが登場する。
◇「北の国から」は北海道富良野が舞台の叙事詩的超大河ドラマ、北海道に住んでいる人は地元への思い入れが強く「みているのが普通」の高視聴率番組だったが、昔々の放送当時は内地に住んでいた当方としては連日プロ野球観戦が優先でみていなかった。北海道に住んでから地元向けの再放送をじっくり見て内容を理解した。
◇さてそんな私の独断による最も感動的なシーンが、来週月曜日の第17回で出てくる。
いしだあゆみ演じる「黒板令子」が富良野から東京に戻る際、ディーゼル列車の窓をあけ空知川の川辺を走る蛍に向かって最後のお別れをするシーンである。離婚手続きのために富良野に来ていた令子に蛍はずっと無愛想で、駅への見送りにも来ない。しかし、電車の窓から、令子は蛍を見つける。蛍は令子に別れを告げたくて、空知川の河原で列車を追いかけてきたのだ。河原を懸命に走りながら 母の乗った列車を見送る蛍に列車の窓を開けて手を振りながら「蛍」と叫び続ける令子。
◇と下手な文を書いてしまうと台無しかも。せいぜいテレビで泣いてください。これが親子の最後の別れとなる。後に続くストーリーがわかっているのでいちだんと泣ける。
◇国鉄色のツートンカラーのディーゼル車の窓から大きく身を乗り出して手を振るいしだあゆみさん、若い。ゴムまりのようにはずむ中嶋朋子ちゃん、よく走る。せつない。
◇この線路は場所が変更されて今はもうないとのこと。
◇このドラマが放送された当時は、札幌から道東方面に向う列車は滝川から富良野を経由する根室本線を通っていて富良野はメインの鉄路でにぎやかだったらしい(今はその後開通したトマム経由の石勝線を通る)。
  


Posted by OOAKAGERA at 10:56

2016年08月01日

8月1日(月)の日記 通行止め「ウマ」=単管バリケードの図柄

まとめは 2017年2月22日の欄に移動しました  


Posted by OOAKAGERA at 15:44

2016年08月01日

8月1日(月)の日記 がんばれ鶴ちゃん

プロ野球日本ハムファンの方のみ見てください

◇日ハムは地元札幌でのソフトバンクとの3連戦に勝ち越した。
◇一昨日の第2戦は「さよならデッドボール」で日ハムの勝ち、なんともついていた試合だった。
◇この日少し気になったことがある。日ハムからソフトバンクに移籍した鶴岡捕手、もともと日ハムにいたので応援したくなるが一昨日はキャッチングのミスが目立った。投手の切れの良いフォークボールを捕まえきれずに何回もファンブルしていた。ちゃんとキャッチしないと使ってもらえなくなるぞ。日ハム時代はワンバウンドの難しいボールをよく止めていた。解説の岩本ガンチャンは「鶴岡はワンバウンドの難しい球を歯で止める」と褒めて(?)いたんだが。しゃんとせい鶴ちゃん。
◇昨日は大谷投手が指のまめの故障が完治せず先発出来ずどうなるかと思っていたが打者として出た大谷はまた本塁打を打ち活躍、日ハムは大事な一戦に勝利した。ソフトバンクとはまだ3ゲーム差があるが、昨日の一戦に勝った方が優勝しそうなムードがあった。今週末の九州での3連戦を日ハムが全勝すれば、ソフトバンクの「終わりの始まり」になりそうに思える。さてどうなるかな。
  


Posted by OOAKAGERA at 10:34

2016年08月01日

8月1日(月)の日記 ラジオ体操・テレビ体操

◇体の筋肉や関節などの、普段使わないところも動かそうと考えて毎日ラジオ体操をしている。朝6時半の実況に合わせてラジオ体操第一を力を抜かずしっかりやっている・・つもりだ。
◇ラジオは専用の小型受信機の音量をあげて、テレビはその間だけ「消音」として画面を横目でみている状態で体操をしている。
◇年に1ぺん、この体制で不思議な感覚に陥る日がある。そんな大げさな話でもないが、夏の巡回ラジオ体操をテレビとラジオ同時にやることがあるのである。気が付くまで約30秒間の「間」のあと、我ながら「間が悪い」というか「バツが悪い」と思う
◇今年の7月31日がその同時放送の日だった。「100万人のラジオ体操・みんなの体操祭」と称してラジオとテレビの体操を一緒に現地でやろうということだった。場所は松山市の広い公園。声でしか聴かないラジオ体操の先生女史の御尊顔を拝した。NHK会長の顔が映り過ぎのようにも感じた。その脇で体操しているおばさん、なんと小野清子さん。東京オリンピックに出た方、その前には初期のテレビ体操にも出ていた。際立った美形さんだった。なんていうのは大変失礼、その後は議員さんになって、叙勲も受けておられ小野先生と言うべき方。さすがにお歳を召していらっしゃいました。たしか宮城県出身では。お元気で。
◇テレビの音を出してみたらラジオとずれている。この時間差を利用して映画「スティング」のように競馬のペテンは・・・できないな、ズレが少なすぎる。
◇さて、ラジオ体操をテレビで見るとそれなりの効果がある。ラジオ体操のやり方、細かいポイントはどうしてもラジオでは伝わりにくい。これが映像で見せつけられると一発で理解できる。特に細かい「手を抜いてはいけないところ」がよくわかる。たまにはこの方法もいいみたい。
◇テレビ体操は「みんなの体操」というらしい。いろいろ考え作ってあるようだ。しかし映像をみながらでないとうまくやれない。ドギマギしていると体操にならないのが私の状況でした。
◇また平穏な毎日のラジオ体操にもどっている。
  


Posted by OOAKAGERA at 10:04