2015年09月26日

9月26日(土)の日記 日本一食べにくいお菓子続編

◇以前拙ブログで取り上げた「日本一食べにくいお菓子、よいとまけ」の新バージョンが出て販売されている。
◇このお菓子に使われているジャムは勇払原野のハスカップで作られており、砂糖の甘さとハスカップの甘酸っぱさが見事にマッチしている。
◇この「よいとまけ」に新バージョンとして「いちごジャム」を使った製品が販売されている。これをさっそく賞味してみた。
◇なるほどいちごの味である。カットしてはあるが、日本一の食べにくさのベトベトは踏襲されている。
◇イチゴもおいしい、しかしハスカップ独特の甘酸っぱさにはかなわないのでは。
◇「よいとまけ」は、仙台一番丁四丁目商店街にどさんこショップがありそこでも買えるようだ。
   


【以下は以前にアップした雑文の復刻】
◇「日本一食べにくいお菓子」を食べた。それは北海道苫小牧の三星というお菓子屋製の「よいとまけ」という名のロールケーキである。北海道に住んでいた時はちょくちょく食べた。これを久しぶりに賞味した。
◇なぜ「日本一食べにくい」かというと包装を解いて・切り分け・そして食べる・どの過程でもハスカップのジャムがベトベト手や口のまわりにこびりつきなんともハンドリングしずらいからついた名でテレビ番組で取り上げられた時、食べにくいけどおいしいということでつけられたらしい。
◇苫小牧は明治時代から続く製紙工場の町。その昔、製紙工場で原料の丸太を上げ下ろしするときの掛け声<ヨイトー・マイター>に由来してつけられた名が「よいとまけ」、その丸太の形をモチーフにしているとか。
◇そもそもそのロールケーキは、勇払原野に自生するハスカップの実から作ったジャムを使っているが、ふつうロールの内側だけに使うものをなんと外側にもたっぷり塗りたくってクラニュー糖をまぶしてある。まさかこのままではあまりに触りにくいので、べたつきを防ぐ目的でオブラート(懐かしい)で巻いてある。
◇しかし、実際に切り分けてみるとこれが結構手ごわい。最外側のオブラートはべたつき防止になっていない。切るとからんできて手がべたつく。
◇このため「日本一食べにくいお菓子」という称号を得たわけである。
◇この食べにくさは、約60年前の発売当初から改善が試みられたがそのたび売上が落ちてしまい元の形に戻し現在に至っていると聞いた。それでも最近は最初から切ってあるものが売られている。
◇なんとも強烈に甘い!現代の味ではない。甘党は大喜びの砂糖が珍しかった時代の味である。それでも甘酸っぱいハスカップの風味がソフトなカステラとマッチしておいしい!
◇代表作「蟹工船」で知られる小林多喜二はこの製造メーカー三星(みつぼし)の創業者の遠い親戚らしい。
◇「よいとまけ」のジャムに使われているハスカップの実には苫小牧の人たちは深い思い入れがあるようだ。原野に自生するハスカップの実を摘んで漬けておき梅干しがわりに食べたという話を聞いた。ハスカップは地元の人たちには「ゆのみ」とも呼ばれている。
     


Posted by OOAKAGERA at 21:26

2015年09月25日

9月25日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 ・干潟、沼、潟湖、河口湿地←今週の行き先

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
◇シマアジ/みつけにくい
◇ハジロカイツブリ/ ミミカイツブリとの識別が結構手ごわい
◇オオバン/若、バン若はよく見かけるがこちらは少し珍しい
◇ダイゼン/ こんなところに「キタムラダイゼン」って
     

◇オグロシギ/ 沼の上空を横切った
◇オオソリハシシギ/ フラッグはすぐとなりでの放鳥?
◇チュウシャクシギ/ 本日1羽
◇ツルシギ/ 久しぶり
    

◇オバシギとオオソリハシシギ/この2種は中がよさそう、別の場所でも一緒に行動していた
◇ミサゴ/なんだかわからないものを捕まえてと思ったら、魚とワラくず
◇チュウヒ/ わたりの途中か
◇ノスリ/ バタバタとホバリング。この日このあたりはノスリが多く「ノスリ柱」状態
     

【今週の風景写真】
◇コンバインとチュウサギ/ 最近の稲刈り風景。しかも会社の休みの日に多くみかける。まわりにはサギの群れ。
    


Posted by OOAKAGERA at 19:57

2015年09月25日

9月20日(日)の鳥見 サギの恩返し

◇黄金色の稲の穂が波打つ田んぼにチュウサギが1羽。動かない。おかしい。
◇近づいてみるとどうも釣り糸が体に絡まって飛べないようだ。
   

◇さてどうするか、と考えるより前に体が動いて「いざ救出」。無事からまった釣り糸を外してやるとサギはあぜ道を歩いて遠くにいった。なにか言いたそうにみえたのは・・・考えすぎでしょうね。
  

◇その晩、救出した人の家の雨戸をたたく音、出てみるとると美しいお嬢さんが立っていた。すわっ、昼間のサギがお礼に来た・・・てな話にはなりませんでしたとさ。
 にほんむかしばなしでした。  


Posted by OOAKAGERA at 12:21

2015年09月18日

9月18日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 突発ジケンにより鳥見ほとんどゆけず。干潟のみ

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
 というわけで写真もほとんどありません
◇ダイゼン・キアシシギ・オオソリハシシギ/ いまいち以上に鮮明でないですが・・
  

◇海岸にて、沖の船とサーファーと砂浜のトウネン/ 水平線は水平にしたかったです
    


Posted by OOAKAGERA at 17:15

2015年09月11日

9月11日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 基本的に「シギチ」を求めて

【今週の「みーつけた」一覧】
   

【今週の記録写真】
◇ヘラサギ/ 昨年も来た。場所は微妙に違う。遠くて・・(2枚)
◇チュウシャクシギ/ いつもいる。1羽、たぶん同じ個体
◇キリアイ/ ➡写真が違っていました。写真取り下げます。
     

◇ツルシギ/ ふゆみずたんぼ近くの沼にて(2枚)
◇エリマキシギ/ 飛翔、表と裏面(2枚)
     

◇コムクドリ/ 渡り前の集結か、群れで右に左に移動してさかんに採餌していた。
    


Posted by OOAKAGERA at 16:40

2015年09月11日

9月11日(金)の日記 大雨特別警報発令中

◇遠方で当ブログを見ていただいているみなさまへ。ニュースでは分かりにくいようですが、宮城県地方を襲っている大雨による被害の件、おかげ様で当ブログ子は無事です。人的にも物的にも被害はありません。御心配いただいていたらありがとうございます。つつしんで御礼申し上げます。
◇昨日来、2個の台風の影響によるとんでもない集中豪雨が発生しており昨日は栃木茨城そして今日は宮城に大きな被害が出ている。
◇夜中の3時過に携帯電話の緊急速報。昨晩からさかんにニュースでいわれていた通りではあるが大雨の域は宮城県に移り、「大雨の特別警報」が発表されたという。これから「今までに経験したことのない大雨」が予想され土砂災害が考えられるとのこと。写真はNHKテレビから
   

◇大雨の量は、24Hr雨量が仙台市で260mm、すごい。
◇仙台市を流れる2級河川の七北田川が氾濫のおそれがあり上流では「避難指示」、中下流では全線300m以内は「避難勧告」とのこと。これは穏やかではない。
   

◇仙台市のすぐ北側の大和町の小さな川が決壊、続いて大崎市古川の渋井川が決壊広い面積で住宅田畑に浸水。様子がさかんにテレビで実況された。
  

◇それにしても「記録的な」「過去にはほとんど経験のない」レベルの異常気象が多い。まだ、雨は降るらしい。被害のない程度にして欲しい。

◇現在出ている警報など/仙台市関係
 ★特別警報 
  大雨 宮城県仙台市青葉区 など周囲の状況や避難情報を確認し、ただちに命を守るための行動をとってください。
 ★避難情報 
  避難指示宮城県仙台市
  災害の危険が切迫しており、自治体が強く避難を求めています。対象世帯を確認してください。宮城県仙台市青葉区周辺の情報が掲出されています。
 ★土砂災害警戒情報 
  土砂災害の危険性が非常に高くなっています。宮城県仙台市青葉区   


Posted by OOAKAGERA at 14:23

2015年09月04日

9月4日(金)の鳥見 今週の振り返り

【総括】
 シギチの秋のシーズンたけなわ

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【今週の記録写真】
 今週は、天候もよくない日が多く個人的な都合もありであまり鳥見は出来ず。干潟と埋立地へ行っただけ。シギチのラインナップの多くは埋立地。
◇コチドリ/ あっちにいても「こっち」どり・・。
◇メダイチドリ/ 20-30羽の群れがエリア内を移動しているようだ
◇タシギ/ 地味に土手にじっとしていた
◇オオソリハシシギ/ 干潟の中の小さな中洲。まるで水の上にいるみたい
     

◇ホウロクシギ/ 干潟に現れた。嘴が少し短い。若鳥とみた
◇アオアシシギ/ 干潟を外れてだいたい同じ位置を移動しているようだ
◇タカブシギ/ 草に隠れてみていたらわりと近くに来てくれた
◇ソリハシシギ/ 小群がウロウロしていた
     

◇コオバシギとオグロシギ/ コオバ1羽とオグロ2羽が家族のように一緒に行動していた。小柄のコオバがリードしているように見える時もあった(2枚)。
◇コオバシギ/ じっくりと観察(2枚)。
     

◇トウネン/ 砂浜に散らばっているとカウントに苦労する
◇ヒバリシギ/ 背中のV字が明瞭(2枚)
◇エリマキシギ/ 計6羽も見かけた
     

◇アカエリヒレアシシギ/ 先週に引き続きいた。1羽のみ(2枚)
   

【今週の景観写真】
◇ブルーインパルスが訓練中
 ブルーインパルスといえば東京オリンピックの時の五輪を思い出す。あの頃は浜松にチームがあった。練習ではなかなかうまくえがけなかつた5つの輪が本番では見事に描けたというが、地元松島・矢本に所属する現在のチーム、結構うまく輪をえがいていた。
     


Posted by OOAKAGERA at 20:15