2015年01月30日

1月30日(金)の鳥見 今週の振り返り

総括
 ・今シーズンは雪が少ないと思っていたら今日の午後からいきなり降り出した。車で細い道を行き来は出来なくなる。

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【記録写真】
◇ハイイロチュウヒ / 草原を低くゆっくり飛んで餌探し
◇ケアシノスリ / すっかりねじろにしている。今年はケアシノスリの「当たり年」のようだ。
◇チョウゲンボウ / いつもいる場所。近くにコチョウゲンボウがいることも多い
    

【風景写真】
◇通りすがりにみつけた白鳥の湖
◇ピラミッド(?)を望む川の中州
◇猛烈に高い波、サーファーはものともせず、というか好機到来か元気いっぱい
    

◇長大堤防の陸側に今度は海岸林の植樹工事。またダンプが集められてコンボイの列(2枚)
◇まだまだ見かける「津波の爪あと」
      


Posted by OOAKAGERA at 17:03

2015年01月23日

1月23日(金)の鳥見 今週の振り返り

総括
 ・ホシムクドリをしっかり見れた
 ・ツクシガモは継続して滞在中

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【記録写真】
◇コクガン/ 今年はこの浜に飛来数が多い
◇コブハクチョウ/ 2羽しかみあたらない。
◇アメリカヒドリ/ 美形
◇オナガガモの大群/ 川の淵、人が近づけないところに大群がいる。
     

◇アカエリカイツブリ/ 漁港内湾はカイツブリの見本市
◇ミミカイツブリ/同上
◇ミユビシギ/ 今年も越冬中
◇ハマシギ/ 同上
     

◇ホシムクドリ(3枚) / 前回の写真がわかりにくいとの御指摘がありましたのでリベンジ。同じ場所にいました20+
◇イソヒヨドリ/ 毎年同じ場所で見かける。同じ個体か
     

◇スズメの学校
◇ミヤマホオジロ/ 健在です
   

【風景写真】
◇ブルーインパルスが訓練中。本日計4機。「五輪のわ」も本日は4つの輪(もう東京オリンピックの練習?早すぎる!)
    

◇水平線上に不思議な映像、どうやら養殖のイカダなどの構造物のようだ
  

◇河口付近、広い川。水上バイクが我が物顔で走り回りカモ君たちはビクビク
    


Posted by OOAKAGERA at 21:06

2015年01月20日

1月20日(火)の日記 メルボルンの鳥見

◇今日は暦の上で「大寒」。年間でも一番寒い時期である(仙台の年間最低気温を記録するのはもう少し後のことが多いようだが)。今日は強風が吹きまくり外に出ると、とにかく寒い。体感気温がかなり低く感じられた(これを「大寒気温」と・・・いわない・・か)。
◇いつになく机に向かい、たまっている事務処理を片付けた。
◇そして片目でテレビのスポーツ観戦をした。海外での日本人の試合。場所はいずれもオーストラリアの首都メルボルン。テニスの全豪オープンの錦織選手の試合、サッカー全日本のアジアカップの試合である。いずれも内容充実でおもしろかった。なんせ「勝った」のでいうことなし。
◇サッカーの試合で、鳥が出てきた。試合をしているすぐ上空をバタバタと横切った白いカラスぐらいの大きさの鳥数羽、あれは日本にはいない種のよう(に見えた)。サッカー試合を見ながら、結局今日も鳥見が出来た。  


Posted by OOAKAGERA at 23:02

2015年01月17日

1月17日(木)の日記 ワールドカップ女子ジャンプ蔵王

◇今年もワールドカップ女子ジャンプ大会が蔵王に来た(「FISジャンプワールドカップレディース蔵王大会」と言うそうな)
◇例年通り今年も出かけた
◇天気予報はあまりよくない。また昨年のように悪天候の中待たされることも覚悟で出かけた。
◇仙台を出る時は曇り、山形駅は小雨。蔵王は小雪、ただし風がある。
◇試技を見ようと早めに行ったがまったく関係なし、悪天候で試技はなし。本戦は待たされた上、風が弱くなるのを見計らってなんとか25人ほど1回目を飛んだがここでしばらく待機、やがて突然の通報があり試合は打ち止め・中止。後半に飛ぶ予定の有力選手の飛行はみれなかった。高梨沙羅ちゃんも伊藤有希ちゃんもみれず、残念。
◇明日も試合予定があるがはたしてやれるかな。私は行かない。

    

     

      


Posted by OOAKAGERA at 20:52

2015年01月16日

1月16日(金)の日記 阪神淡路大震災から20年

削除しました(期限を限ってアップしました)  


Posted by OOAKAGERA at 20:58

2015年01月16日

1月16日(金)の鳥見 今週の振り返り

総括
 ・ネズミが多いのかノスリが多い

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【記録写真】
◇ツクシガモ/(2枚)今週も滞在。ただし結構移動するので探すのが大変
◇カルガモ/かものボールその①
◇コガモ/カモのボールその②
     

◇オナガガモの沼/だいぶ津波被災前の姿に戻って来た感がある
◇クロガモ/よーく海をみるとかなりの数がいるがなんせ遠くて写真は苦しい
◇ミコアイサ/仲良し
    

◇オオハシシギ・アオアシシギ/仲良く2羽で採餌(2枚)
◇クサシギ/ひっそり水路に
◇ハマシギ/今日も元気に群れで飛翔
     

◇オジロワシ/上空をゆうゆうと横断
◇ケアシノスリ/とまる位置まで固定化してきた(2枚)
◇チョウゲンボウ/珍しくはないが近くにいたから
     

◇コチョウゲンボウ/これも近くにいたから
◇ムクドリ/2羽でお話ししていたみたい
◇ホシムクドリ/ほとんどがホシムクの10羽以上の群れ
◇ルリビタキ/やっと会えた「私の青い鳥」
       


Posted by OOAKAGERA at 19:03

2015年01月14日

1月14日(水)の日記 どんと祭

◇今日1月14日は仙台のあちこちの神社や公園などで「どんと祭」が行われた。けさのニュースでアナが「どんとまつり」と言ってしまってから言い直していた「どんとさい」といえない人は仙台育ちではない。
◇正月の飾りや古い破魔除矢をもやしに、今年は大崎八幡神社に行った(表現がよくない、正月飾りを燃やし御神火に一年の無病息災を祈願する、が正しい言い方)。なんといっても仙台一の突出した規模の「どんとさい」である。
◇本日は気温が高く「裸参り」の皆さんは少し幸いかもね。そんでも寒く感じた。火があたたかかった。
       


Posted by OOAKAGERA at 23:54

2015年01月09日

1月9日(金)の鳥見 今週の振り返り

総括
 。ケアシノスリ、離れた場所に別個体

【今週の「みーつけた」一覧】
  

【記録写真】
◇ツクシガモ/なかなかきれい(3枚)
    

◇ビロードキンクロ/この日はやや荒れた天候、海面にさまざまな海鳥が集結の感あり
◇ハジロカイツブリ/久しぶり大集団、一斉に潜りややバラバラに浮かんでくる
◇ダイシャクシギ/今年もここで越冬しているようだ
◇オオタカ/目の前のスズメを襲ったが失敗。とても撮影できないスピードで飛んで来た
     

◇ケアシノスリ/個体その①(3枚)
   

◇ケアシノスリ/個体②、①とは別の場所。こちらは成鳥
◇チョウゲンボウ/メス
◇ヒヨドリ/よくみるとなかなかきれい
◇エナガ/かわいいお目目
     

◇ベニマシコ/天気がよいと出てきてくれる
◇ウソ♂♀
◇ミヤマホオジロ/なかなか手ごわくきれいに撮らせてくれない。恥ずかしい出来ですがどうかナガーイ目で
       


Posted by OOAKAGERA at 20:39

2015年01月07日

1月7日(水)の日記 ジャンプ葛西WC2位おめでとう

◇ワールドカップジャンプ男子、ジャンプ週間第4戦、葛西選手は2位と健闘した。おめでとさん。
◇場所はオーストリア、天気は良好であまり条件の差はないように思えた
◇しかし、2回目の後半スイスのアマンがランディングバーンで着地後にスキー板が乱れて転倒した。続く選手も着地が安定していない。どうもバーンが変に削れていたのではないかと思われた。
◇1回目132.5mで3位の葛西は、2回目137mの大ジャンプをしたが着地でやや乱れ飛型点で減点され残念2位でした。バーンの変形の影響があったかもしれない。でも後に飛んだオーストリアのヘイベクは着地も完璧で優勝したので理由にはしにくいか。
◇次は得意のフライングヒル。ぜひ優勝して欲しい。試合は土曜日、オーストリア。  


Posted by OOAKAGERA at 21:48

2015年01月06日

1月6日(火)の日記 かき小屋で食べ放題

今日から寒の入り、1年で一番寒い期間である。もう年賀状は出せないとのこと、「寒中見舞い」だ。お正月が終わり、世間は落ち着いた生活に戻りお店も空いていると予想してしばらくぶりに食べ放題の「かき小屋」へ行った。あちこちに類似の店が出来ているが、5年前にすでに存在していた塩釜の店に行く。以下はあまり参考にならない「記録写真」(一部5年前のもの流用)。

①かき小屋外観。JR仙石線東塩釜近く、国道45号沿いにあり。お店の外観、小屋というイメージではない。立派な建物。
②2人分、かき50個の山(5年前はシャベルで持ってきたが、今日は予約していた時間にあわせてすでに蒸し始めてあったのでどうやってもってきたかは不明)
③かきの山に水をかけて
④ステンレスの板金製のふたをして
     

⑤15分ほど蒸し焼き(あまり時間をかけると身がちいさくなる)
⑥蒸しあがり
⑦左手のみ軍手をしてやけど防止。2枚貝の「ふくらみのある方」を下にして手に持つ
⑧貝を少しこじ開けて、上側の貝の内面についている貝柱を切る
     

⑨上側の貝を開いて外す
⑩下側の貝に残った身を食べる。レモンかポン酢をかけると一段とおいしい。正直「うまい」。ただし蒸し過ぎると小さくなってジューシーさがやや減じる。写真のような大ツブのものもあり。
⑪熱くて持つのが我慢できなければ皿の上で貝を開く。食べ放題コースにはかき飯とかきのおつゆが付いた。
⑫食べ放題の制限時間は45分。30分頃追加オーダー(20個追加)
     

⑬制限時間はタイマーで表示される
⑭かき殻はバケツに「投げる」
⑮単品メニューもある。写真はカキフライ(本日は単品コース選択者もいた)
⑯注意書き
     

⑰メニュー
  

 次に来るのは5年後でいいな。その時はゆっくりとかきを味わいたい。  


Posted by OOAKAGERA at 19:29

2015年01月05日

1月5日(月)の日記 WCジャンプ葛西選手の活躍

◇ノルディックスキーのW杯「ジャンプ週間」第3戦で葛西紀明選手が3位に入った。表彰台は今季3度目。ワールドカップジャンプの表彰台、史上最年長更新というので今朝からトップニュースで報じられていた
◇ジャンプ週間は日本での愛称として定着しているが、地元では「欧州4ヒルズトーナメント」といわれているらしい。これはドイツとオーストリアの4つのジャンプ台を年末年始の約1週間に渡り、移動しながら試合する伝統的なW杯。昨日の試合は3つ目のジャンプ台ということになる。
◇昼過ぎのケーブルテレビでこの様子を放映していたので観戦した。
◇よく理解できなかったが今回は1回戦が1:1の対抗戦で勝てば2回戦に進める。負けてもベスト記録の5人は2回戦に進める、というきまり。
◇葛西は1対1で対戦する1回目にチェコの選手を破って3位につけ、2回目も好成績で3位を維持して表彰台を確保した。スイスのアマンと同点の3位である。
◇他の日本選手は敗れて2回目に進めなかった中で最年長42歳葛西の活躍は光る。地元オーストリア選手並みの観客の大声援を受けての飛躍は晴れがましい限り。
◇今回開催されたオーストリアのインスブルックのジャンプ台は着地後のランディングバーンが登り坂になっており飛び過ぎると壁にぶつかるような感覚で恐怖心も大きくなりまた足への負担も大とのこと(HS130メートル、K点120メートル)。
◇そんな中、2回目はどんどんとヒルサイズ超えの大ジャンプが続き緊張感あふれる名勝負だった。風の変化が激しい中1回目の貯金が大きかった2人が1位・2位を占めた。
◇3位をわけあったスイスのアマンと葛西は抱き合って喜んでいた。ほほえましい光景である。
◇オリンピツクで活躍した選手も多く、ベスト10人くらいはだれが表彰台に上ってもおかしくない状況とのことだがそれだけに葛西の3位はえらい。
◇W杯・世界選手権と試合はまだまだ続く。ガンバレ葛西!  


Posted by OOAKAGERA at 20:22

2015年01月04日

1月4日(日)の日記 おせち料理

◇1月も4日となり、どうやら我が家のおせち料理がなくなった
◇我が家のおせち料理は各種手段により調達される。①材料を購入し料理して作る、②できているものを買う、③いつもくれる人にたよる、④親戚とうまく調整してお互い交換する
◇ここ3-4年、私の受け持ちは①のうち、「昆布巻き」と「伊達巻き」ということに定着している。昆布巻はテレビの料理番組、伊達巻は教えてもらったものでいずれもきちんとしたレシピと作り方が示されている。
◇1年に1回しかつくらないわけでポイントがよく身についていなくてなかなかうまくゆかない。一応「学習効果」を発揮すべく、失敗は繰り返さないようにメモして気をつけている。しかしそれだけでなく「うまくいったことは確実に繰り返す」ことも大事な学習効果でありこれがなかなかクリアーできない。要するに確実に自分のものになっていない。
◇昆布巻の芯になる魚は普通ニシンだが、テレビの先生はサバを使っていた。これを真似したら意外においしかったのでこのやり方を続けている(鹿児島の方では昔からサバを使うとか)。年末、サバの購入には注意が必要である。スーパーの食料品売り場はどこも年末は正月モードに様変わりする。するとサバのような正月向きでない魚は店頭に並ばなくなる。12月27日までに購入する必要がある(スーパーでもらった昆布巻きのレシピには、にしんが主でその他には鮭・ホタテ・ブリ・エビでもよいと書いてあったがサバは入っていない。それほどに「ふつうはやらない」料理らしい)。
◇サバは「生きぐされ」というくらい「足が速い」魚である。早々に料理したい。しかしあまり早いと正月まで日にちがあり出来上がり品が悪くならないように気をつけなければならない。
◇今年は、年末27日に活きのいいサバを手に入れ3枚におろしてもらってきた。コンブは張り切ってやや品質のよい三ツ石の「日高昆布」にした。ところがこれが間違い。厚みがありなんとも巻きにくく苦労した。コンブは低級品の方がよかった。
◇伊達巻は下準備はすこぶる簡単。卵と調味料とハンペンをフードプロセッサーにいれて撹拌し、あとはバットに流し込んでオーブンで焼くだけ。我が家のフードプロセッサーはすこぶる稼働率が低い(以前のワードプロセッサーは稼働率が高かったが・・関係ないですね)。夏のイチゴのムースと正月のおせち料理の伊達巻と年間2回しか使わない。とても償却できてない。
◇手順は簡単だが、これがくせもの、なかなか手ごわい。まず調味料の塩の量が非常に大切でこれで味が決まるようなものだが途中で味見が出来ないので規定の量にこだわって作る必要がある。簡単に小さなものが作れない。
◇毎回手こずるのが、巻き簀で巻くことである。寸法よく焼き上げないとうまく巻けない。手元にあるバットが限られるので大きさは制限されて厚くなることが多い。次回からバットを適当な大きさのものに変えたい。どうも私の料理は設備投資が多い。
◇なんとかかっこをつけて仕上げ、お重の片隅に入れてもらったがあまりみんなの箸は動いてくれず2品とも最終日まで残っていたようだ(単なる作り過ぎかも・・)。
◇おせちにはそれぞれいわれがある。伊達巻の「伊達」は、華やかさや派手さを表す言葉で華やかな卵焼きという意味で伊達巻という名前がついたとか伊達政宗が魚のすり身に卵を混ぜて焼いたものを好んで食べたなど、諸説あるとのこと。昆布巻のこんぶは養老昆布=よろこぶで不老長寿とお祝いの縁起物です。「子生(こぶ)」の字をあてて、子孫繁栄を願うものでもあります。また、巻物に通じることから伊達巻同様、文化の反映や学問成就の意味も持っているとのこと(この項ネットからパクリ)。
◇そんなこと気にもせず、なかば飽きてあまり味わいもしないでパクパクと食べた。毎年のことだが、今まで特にバチがあたったとも思えない。今年も良い年!(ノー天気)。  


Posted by OOAKAGERA at 22:57

2015年01月02日

1月2日(金)の鳥見 今週の振り返り

総括
 ・シジュウカラガンは1000羽を超えているそうで、しじゅう見る事が出来る。

【今週の「みーつけた」一覧】
  
 
【記録写真】
◇マガンの中に、首に標識をつけた個体がいた
◇マガンの飛翔
◇カリガネ/遠くて、写真はなかなか
    

◇シジュウカラガン/遠くにいても群れはわかる
◇シジュウカラガン/群れの飛翔
◇山をバツクにオオハクチョウの飛翔
◇オオハクチョウの氷上着陸
     

◇荒れた海、大波の上にミミカイツブリ
◇イソシギ、エリザベステーラーは・・いない
◇ハマシギの群れ/ちゃんと注意書きを守って柵の外側にいる・・って
    

◇電線上のミヤマガラスの大群(2枚)。シロマルクロマルは見つからなかった
◇定位置にカヤクグリ
◇カワラヒワの小群
     

◇カワラヒワとオオマシコが仲良く採餌
◇オオマシコ(3枚)
     

◇カシラダカ(2枚)/多い、群れであちこち移動していた
◇ミヤマホオジロ(2枚)、小群を見かけるがなかなか写真を撮らせてくれない。テゴワイ
     

【風景写真】
◇気球がポカリ
◇生まれ故郷の栗駒山は富士のやまより美しい(白鳥省吾)
◇田んぼに「バウムクーヘン」。こんなの「くえへん」。
      


Posted by OOAKAGERA at 19:02