2013年05月31日

5月31日(金)の鳥見 今週の振り返り

今週の鳥見メモ 2013.5.25(土)~5.31(金)

【今週の「みいーつけた」一覧】
  

■小鳥から猛禽まで、あちこちで営巣の気配が読み取れた。
■田植えの終わった田んぼにはカルガモ・チュウサギ・ウミネコを見かける。
■旅のシギチはほぼ抜けたようだ。

【今週のコメントとキロク写真】
■コムクドリ
 ・海岸林で何組もつがいを見かけた。
  

■ホオジロハクセキレイ
 ・大河の中流、石の河原。ハクセキレイに混じっていた。
    

  


Posted by OOAKAGERA at 18:27

2013年05月24日

5月24日(金)の鳥見 今週の振り返り

今週の鳥見メモ 2013.5.18(土)~5.24(金)

【今週の「みいーつけた」一覧】
■移動するカモはほとんどいなくなった。
■旅のシギチはまだポツリポツリいる。
    


【今週のコメントとキロク写真】
■キジ
 ・里山の畑道、オス・メスのキジが出てきた。
   

■ホトトギス
 ・カッコウ・ジュウイチ・ツツドリそしてホトトギスとここにきて一斉に見聞きした。
■ムナグロ
 ・水を張って田植えされた田んぼのアゼにムナグロが5羽、夏羽。
    

■トウネン
 ・津波の被災跡地の小さな水たまりに数羽がたむろ。
■オオヨシキリ
 ・盛んにさえずり。近所の河原では20-30mごとに叫んでいてにぎやか。
■キビタキ
 ・島でも見てきたがやはりどこで見てもきれい、姿を見つけるとスッキリする。
    

■カワラヒワ
 ・いつもいるので忘れがち、たまにはお立ち台に出てもらいましょう。
  

■今週のスケツチ
 ・ミズバショウ/ほとんど見終わり。わずかに残っていたのをパチリ。
   

 ・ミツガシワ/ミズバショウ同様昔尾瀬に行った時名前を覚えた。仙北の沼ではいまが盛りだった。
   

 ・おまけ、見事なシバザクラ。
    


Posted by OOAKAGERA at 16:57

2013年05月21日

5月17日(金)の日記 単管バリケード図柄追加

◇工事現場の「通せんぼウマ=単管バリケード」の図柄をウォッチング。現場で実際に使っているものに限る。
◇その多くを仙台の会社が扱っているらしい。仙台近辺にいろいろな種類を見かけるのはそのせいか。あるいはいまどき全国どこでもいろいろみかけるのか・・・
◇本日見かけた一品は「ネコ」(・・に見えた)。これは仙台の会社のものではないようだ。
◇3月31日のブログに追加

    


Posted by OOAKAGERA at 21:50

2013年05月18日

5月17日(金)の日記 「KY」について 

◇最近「KY」というと「空気を読めない」ということらしい。従前から「KY」とは「危険予知」として親しんできたのでなんとも違和感を感じていた
◇本日なつかしい現場作業の「KY」の看板を見つけうれしくなった。
  

◇ちなみに「日本語俗語事典」によると以下のとおり
 ① KYとは、場の雰囲気・状況を察することが出来ない人のこと。
 ② KYとは、現場作業における危険予知のこと。
<解説>
① その場の雰囲気や状況などを察する(感じる・掴む)ことを「空気を読む」とも表現する。KYはこの「空気」と「読む」の頭文字で、主に空気が読めない人を意味する。また、逆にそういった人に「空気を読め」と提言する際にも「KY」と耳元で囁くなどして使われる。女子高生がメールのやりとりで使い、普及した。若者の間では以前から使われているが、2007年、こういった頭文字略語の存在が話題となり、広く知られる。
② KYとは「危険」と「予知」の頭文字である。主に工場や現場作業の際、安全衛生・ゼロ災害運動のひとつとしてKY活動(危険予知活動)という形で使用。
 (当方からのほそく)
  現場での作業を始める前に危険要因を見つけ出し、特に重点として実施する安全対策を決定し確実に実  施するもの。  


Posted by OOAKAGERA at 21:04

2013年05月17日

5月17日(金)の鳥見 今週の振り返り

今週の鳥見メモ 2013.05.11(土)~5.17(金)
◇ 【今週の「みいーつけた」一覧】
   

■今週はあまり出歩かなかったのでカウント数が少ない
■仙南・仙北とも田んぼに水が入り田植えの真っ最中。田んぼにウミネコの姿はよく見るがシギチはなかなかいない。
■カッコウの初音を聞いた

【今週のコメントとキロク写真】
■マガン・オオハクチョウ
・ともに2羽が一緒にいた。傷病で北に帰れない個体とそのツレアイとみた。
    

■ササゴイ
・大きな潟湖の岸辺にひそんでいた
  

■コチドリ
・ムナグロが近づいてきたらさかんに羽を震わせ「偽傷」をしていた。
   

■ウミネコ
・餌のプレゼントをしていた
    

■オオヨシキリ
・真っ赤な口を大きく開けてさかんにさえずっていた
  

■コムクドリ
・つがいで飛び回っていた
  

■ホオジロ
・さかんにさえずり
  

<今週の景観>
■遠景に残雪をいただく山を望む水田
  

■菜の花(正式にはセイヨウカラシナとのこと)の咲きそろった農道
  
    


Posted by OOAKAGERA at 21:41

2013年05月16日

5月12日(日)の日記 仙台国際ハーフマラソン大会

◇5月12日(日)に仙台国際ハーフマラソン大会が実施された
◇私は今年で3回連続の参加
◇メインはその名の通りハーフマラソンで、名の通った実力者も参加するが、私は「気合で走り抜ける2km」に参加
◇大会全体として例年以上に参加する人数が多かったみたいだ
◇受付ぎりぎりに間に合うように自転車で出かけた。なにしろ競技場はわが宮城野区、家から競技場まで所要時間10分という近さ
◇スタート地点は人ごみで、ドンとスタートしてから少しの間渋滞状態
◇2kmの部にはオリンピックの金メダリスト高橋尚子さんが参加。最後尾から激励しながら走り最後は軽く追い上げてゆくパターンは昨年と同じ
◇スタート直後は高橋Qちゃんと併走して遊んだりしたせいか後半ゴール近くでいささかバテテスピードが上がらず成績は昨年を下回った。
◇2kmは中距離である。気持ちとして(気持ちだけでも)スピードをゆるめられないので結構厳しい。そして意外と長く感じた。
◇来年も「とりあえず参加」するつもり。体が動けば・・・・。  


Posted by OOAKAGERA at 21:04

2013年05月14日

5月11日(土)の鳥見 島嶼の鳥見報告②(2分割)

◇5月8日-10日の3日間(航路を含む)の鳥見報告。2分割の後半。

■イソヒヨドリ
・いつも宿の近くにいる。今年も同じ。
■コサメビタキ
・いつもながらカワイイ
   

■キビタキ
・3日目になつて急に増えた感あり。
■オオルリ
・あちこちで散見。キビタキの♂とオオルリの♂に会うと「ああ見れた」と、落ち着く。
    

■キセキレイ
・宿の近くの小ダムに1羽がいた。
  

■マミジロタヒバリ
・校庭、畑、さかんに動き回っていた。脚が長く動きが速い。
      

■コマミジロタヒバリ
・10年に一度の珍鳥とのこと。マミジロタヒバリに似ている。
    

■マミジロタヒバリとコマミジロタヒバリのバトル
・草原で出くわした2羽が喧嘩、マミジロが突っかかった。おかげで両者の大きさの違いを認識できた。写真左がマミジロ。
  

■ムネアカタヒバリ
・夏羽は、顔から胸がレンガ色でわかりやすい。
■アトリ
・群れで一斉に動く。目立つ。
    

■マヒワ
・これも多かった。そして逃げない。すぐ近くで一心不乱に餌を食べていたりした。
■シメ
・怖い目はどこでも同じ。
■ホオジロ
・よく見かけた。
    

■キマユオオジロ
・決まった場所にいた。2-3羽。
■カシラダカ
・すっかり夏羽のも見かけた。
■ミヤマホオジロ
・林の中の暗がり、前に前に逃げていった。
    

■アオジ
・わりとよく見かけた
■亜種シベリアアオジ
・6箇所で見かけた。あまり珍しくはないか。
     


(おまけ)
■カマイルカ
・往路では数頭の背びれを見た。帰路では数百頭が群れてさかんにジャンプしていた。さらに到着する港近くの遠方では海面にカモメ類の鳥山、まわりではイルカのジャンプがみられた。
    

■雪をいただいた本土の山
・島からは目の前にある感じ。すばらしい景色。
  



  


Posted by OOAKAGERA at 22:12

2013年05月11日

5月11日(土)の鳥見 島嶼の鳥見報告①(2分割)

5月8日~5月10日にかけての鳥見報告

◇天気にめぐまれ時間いっぱい歩き回り充実した鳥見ができた。
◇8日は気温が低かった。また風があり船の揺れ大、いなかのジェットコースター並。島に上陸後は次々に鳥が現われなかなか前に進めない状態。
◇9日10日は気温が上がり薄着にならないと汗ばむ陽気になつた。
◇3日にわたる総括として
■よく見かけた鳥
 ルリビタキ(特にメス)  マヒワ  ジョウビタキ  ツグミ  アトリ   
■珍しい鳥、少し珍しい鳥
 ヤツガシラ  ヒメコウテンシ  ムネアカタヒバリ  マミジロタヒバリ
 コマミジロタヒバリ  コホオアカ  キマユホオジロ  (亜種)シベリアアオジ
 カラスバト  シマゴマ(s)

◇確認できた鳥(声だけも含む)リストは以下の通り
   


<写真とコメント>
◇基本的に、まあまともに撮れそうなら見かけた鳥はバシャバシャ撮ってみた。よって玉石混交(というか石ばっかり・・かも)。カウントしなかった鳥も含めて以下にコメントと写真。順序は上記リストによる。

■カラスバト
・昨年、鳴き声をまねて教えてくれる人がいて声はわかっていた。最初は声で確認できたが2日目には森の中を歩行中2羽が頭上を横切りその姿をバッチリ見た。飛び立ちの際の響き渡る大きな断続音も聞いた。3日目には飛んでいってとまったのを確認。少し遠いがパチリ。
■オオミズナギドリ
・往きの航路の中間点あたりで100+の群れ。
    

■アマサギ
・畑から遠くに見える大きな松の木に1羽。
■アオサギ
・海岸でみかけた。
■ハリオアマツバメ
・大きい。太めの胴、のどと下腹部の白いのが目立つ。ダム上空に1羽が高速で飛び回っていた。
    

■アマツバメ
・東部の岬の展望台近く、約50羽の群れが飛びまわっていた。
  

■アカエリヒレアシシギ
・往路の船から数百羽の群れ。
    

■ハイイロヒレアシシギ
・往路の船から、アカエリヒレアシシギの群れの中にわずかにいるのが確認された。
■ウミネコ
・海岸でどこでも見かけた。南部の岩山では営巣。
・帰路の航路、終着地点近く、遠方にウミネコ(で間違いないと思う)の鳥山(とカマイルカの大群)。餌の魚群があるようだった。
    

■ヤツガシラ
・集落近くで見かけると聞いていたが船着場近くであっさり見つかった。まわりに人もおらずゆっくり見れた。冠羽は広げなかった。
■ヒメコウテンシ
・今年も会えました
   

■チフチャフ
・この珍鳥が飛島で写真撮影されたとのこと。ダムで会った地元に通じたエキスパート氏から、当方が到着する少し前に対岸の水面近くにチフチャフがいてその後手前側の岸に飛んで来て動きまわっていたとの情報、スワッ見つけようと粘ったが残念見つけられず。
■エゾムシクイ
・ダムですぐ手前側の岸、目の前の木々の間を動きまわっていた。
■センダイムシクイ
・エゾムシクイと同じエリアを行ったりきたりしていた。
■メジロ
・桜の花にとりついてにぎやかにさえずっていた。
    

■コムクドリ
・ヒレンジャクがいると聞いてさがしていたら同じ木にコムクドリの小群がいた。
■ツグミ
・あちこちでみかけた。
■亜種ハチジョウツグミ
・畑で見かけた。ただし中間個体と思われた。
    

■ルリビタキ
・メスの姿をあちこちで見かけた。カワイイ。
■ジョウビタキ
・こちらもよく出会った。
    

■ノビタキ
・きれいな夏羽のオスが目立った。メスもいた。
   
  


Posted by OOAKAGERA at 22:06

2013年05月07日

5月7日(月)の鳥見 今週はここで振り返り

今週の鳥見メモ 2013.05.04(土)~5.7(火) 都合により今週は本日で締める。

◇ 【今週の「みいーつけた」一覧】
    

【今週のコメントとキロク写真】
■キアシシギ
・たくさん見かける。 
■サルハマシギ
・夏羽、これからもつと赤くなりそう
     

■ハマシギ
・群れの飛翔はいつみても美しい、飽きない。
■コアオアシシギ
・キアシシギに混じって1羽。ずいぶんと脚が黄色い個体。
    

■ウミネコ
・群れで干潟にたむろしているウミネコが、小さな木片をくわえて上昇しては放り投げそれを水面に落ちる前にもう一度くわえようとしたり、水面に落ちた後突進してまたくわえたりしていた。何羽も競争でやっている。遊びかディスプレイかはたまた採餌の訓練か、不思議な行動に思えた。
  

■ミゾゴイ
・百万都市の市街地に程近いこんなところでミゾゴイがみられるなんて、なんてスバラシイ
    

   

■クロジ
    


Posted by OOAKAGERA at 20:23

2013年05月03日

5月3日(金)の鳥見 今週の振り返り

今週の鳥見メモ 2013.04.27(土)~5.03(金)
◇田んぼに水が張られてサギ類がきている
◇シギチが多い。ただし場所は限られている。
◇今週は2回にわたりゆっくりとシギチ観察をおこなったので多くの種をカウントしている。
◇渡り途中の山野の鳥もチラホラ姿を見かけた

【今週の「みいーつけた」一覧】
  

【今週のコメントとキロク写真】
■ キジ
・あちこちでキジの姿と鳴き声を確認した
■アマサギ
・水が張られた田んぼに他のサギと一緒にいた
■ダイサギ
・きれいな夏羽になつている個体を多く見かける
      

■コサギ
・眼先と趾が赤味を帯びているのは今の時期の「婚姻色」
   

■ムナグロ
    

■ハジロコチドリ
・遠くてピンボケ。それでもポイントは確認できそうなので証拠写真として・・
■コチドリ
     

■メダイチドリ
・非常に多くの数を見かけた
    
  
■セイタカシギ
・まだ滞在している
■タシギ
   

■アカアシシギ
■コアオアシシギ
    


■タカブシギ
■キアシシギ
   

■キョウジョシギ
■オバシギ
    

■コオバシギ
■ウズラシギ
    

■シギチいろいろ
   

■ウミスズメ
・漁港の内湾、岸壁に近い位置になんとウミスズメ
■ツバメ
・わりと「ふとっちょ」なのをあらためて確認
    

■マミチャジナイ
・アカハラと一緒にいた
     

■アカハラ
■タヒバリ
     


Posted by OOAKAGERA at 21:11

2013年05月01日

5月1日(水)の日記 日ハム戦観戦速報

◇お待ちかね、日ハムがやっと仙台(Kスタ宮城での楽天戦)に来た
◇予告先発は、両チームのエース吉川(日ハム)と田中(楽天)。3戦のうちでは一番試合内容が期待出来そうなので出かけることにした
◇予報は曇りマークだったが、自転車で出かける頃から小雨が降ったりやんだり。そして寒い(7℃以下)。
◇球場についた頃は雨は一時やんだ。試合中には降ったりやんだり。観客席は部分的に閑散。やっと1万人は超えたようだが空席が目立った。
    

◇試合結果は4-1で楽天の勝ち。
  

◇1回、田中がまだ調子が出る前にヒットを連ねて1点、さらに満塁のチャンスを生かせず田中を立ち直らせてしまった。ここで追加得点できなかったのが最大の敗因。
◇本日の私の採点
  〇吉川----ストレートが走っていてよく抑えていた。エラーに引きづられて失点したのはカワイソ
  〇谷口----1回、ねばって安打を打ち連打の口火をきった
  ×ホフパワー----1回のチャンスに好球を見逃した上、空振り三振。エラーもあった
  ×西川----6回のエラーはまずかった。ダブルプレーでチェンジになるはずがエラーのおかげで失点
  ×大引----1回の絶好のチャンスに打てず、6回にはタイムリーエラー(前進守備に対して強烈な打球ではあったがとって欲しかった)  


Posted by OOAKAGERA at 23:01