2013年03月31日

3月31日(日)の日記 通行止め「単管バリケード」いろいろ

8月14日欄に集約しーました。  


Posted by OOAKAGERA at 18:21

2013年03月29日

3月29日(金)の鳥見 今週の振り返り

今週の鳥見メモ 2013.3.23(土)~3.29(金)

◇今週のみーつけた鳥一覧
  

◇個別説明  
 
■キンクロハジロ
・山の中の池にポツンと1羽。急に羽をバタつかせた。
■スズガモの群れ
・津波で被災しレールのない駅から観察。千羽単位のスズガモが休んでいた。
   

■カンムリカイツブリ
・夏羽に換羽中、個体により差があり。
■ハジロカイツブリ
・しばらく滞在している大河の河口、まだいる。
   

■オオホシハジロ
・あまりに遠く、なんとか撮れた証拠写真・・
   

■コチドリ
・近くに来てくれた
  

■ダイシャクシギ
・1日でダイシャクシギとホウロクシギに会えた、ラッキー
・飛翔時の腰が白い
    

■ホウロクシギ
・しばらく滞在している
    

■ユリカモメ
・夏羽にかわりつつある。
■アカゲラとアオゲラ
・2ショットなり
   

◇鳥見環境
・仙台から南部の沿岸は堤防建設、海岸林植樹、田んぼの除塩、その他被災箇所の復旧工事が佳境にはいり工事のための一般車の進入禁止エリアがどんどん広がっている。昨年はシギチの観察ポイントとなっていた箇所の多くがその対象となっている。この春のシギ・チドリの観察はあまり期待できない。残念至極だが復興のためには我慢も必要でしょう。  


Posted by OOAKAGERA at 21:27

2013年03月22日

3月22日(金)の鳥見 今週の振り返り

今週の鳥見メモ 2013.3.16(土)~3.22(金)

◇今週見かけた鳥一覧
  

個別にコメント
◇コクガン
 ・風の強い日などは昼間でも河口の岸にいることがある
◇コブハクチョウ
 ・この沼にはいつも1羽がいる
◇オシドリ
 ・この池には珍しい。オシドリ夫婦となりつつあるようだ
    

◇マガモ
 ・交雑種の「マルガモ」が沼から移動して河口にいた(と思う、同一個体に見えた)。写真の中央。
◇アカエリカイツブリ
 ・だいぶ夏羽の色になつている1羽が港にいた
◇カンムリカイツブリ
 ・こちらも夏羽に換羽中といつたところ
    

◇カンムリカイツブリ白変個体
 ・河口付近、1羽のみいた
◇ハジロカイツブリ
 ・群れがまだいる
   

◇タシギとコチドリ
 ・水位が低い沼でさかんに採餌。いよいよシギチのシーズン到来か
◇コゲラ
 ・めずらしくドラミング。
    

◇チョウゲンボウ
 ・あまりめずらしくもないが・・
◇モズ
 ・天気のよい日の川歩き。さかんに挨拶に来た
    

◇カシラダカ
 ・大分夏羽の色になっているものがいる
◇オオジュリン
 ・よくみかける
     


Posted by OOAKAGERA at 21:25

2013年03月21日

3月20日(水)の日記 津波被災の話を聞く

県南沿岸部の山元町N浜海岸で鳥見をしていたら年配の男性(Aさん)が声をかけてきた。以下Aさんの話。

◇Aさんは、津波で被災した。漁師をしていた方で、海岸すぐ近くにあった自宅跡の様子を見に来た。
(情報によると、山元町は東日本大震災により震度6を記録し、その後の津波で町全体の約4割が浸水するという壊滅的な被害を受けた。死者行方不明者は600人以上、建物全壊が2200棟におよんでいる)
◇ここN浜の集落は約300棟の建物が全部流され、130人以上の人が亡くなっているという。海岸の松並木は軒並み倒されそれが家屋の損傷の大きな要因になった。写真はわずかに残った木。
  

◇地震の直後は地面に大きな亀甲模様のひび割れが生じ、隙間から砂を含んだ水が吹き上げてきたという(いわゆる液状化)。これでマンホールは持ち上げられた。
◇県道脇の排水路のマンホールの高さがやけに高いと思ったが地盤沈下というより液状化による持ち上がりなら納得である。
  
  
◇Aさん自身は漁港のある磯浜港に船をつなぎ、津波をみてからあわててすぐ近くの高台へ車で逃げて助かったが、一緒にいた同僚2人は間に合わず亡くなったとのこと。
◇海岸から500mほどのところにあるN浜小の校舎の躯体は残っているがまわりにはまったく家は残っていない。津波の際、校長の適切な判断により90人の児童は自宅に帰宅せず校舎にとどまり屋上に避難して全員助かったという。津波当日の寒い夜をしのぎ翌日自衛隊に救出された。(写真き約1年前の状況)
  

◇Aさんは、震災前は、午前中は漁に出て午後は自家用の野菜作りという生活であった。
◇今は仮設住宅住まい。畑は土が流されて耕作できない。衣料・食料は支援があり心配ない。奥さんはガレキの分別のパートに出ているが年度末と年度初めは仕事が切れるし、いつまでも継続できる仕事ではない。
◇早く自分の家に住みたいが災害住宅地の整備は思うように進まない、動きが遅い。近くの高台に移りたいが町・県はもっと遠くへの移設を考えており個別の移動は認めてくれない。
◇漁に出るにも船がない。多用途可能にすると建造費は5000万円はかかる。2/3は補助されるが自費で1/3を負担するのは大変。さらに網や道具もそろえなければならない。
◇磯浜では現在3隻の船が稼動、これから増えてくる見込み。
◇震災前はホッキをよく獲っていたが、今はガレキが多くホッキ漁は出来ない。
◇漁ができても放射能の問題がある。ここは原発に近い。ただし県が違うと福島県のように補償がされていない。声が上にとどいていない。
◇特区で会社組織で漁をする方法は現実的でない。会社は儲からなければすぐに解散することになつてしまうのではないか。
◇若くはないので他所へ行って仕事は難しい。
◇頑張れといわれても頑張りようがない。

 話をきくほどにやりきれなさを感じるばかり・・。せめて漁業補償の話が円滑に進むとよいと思った。  


Posted by OOAKAGERA at 18:18

2013年03月19日

3月19日(火)の日記 仙台でも桜が開花?

◇今年の冬は寒かったが、春の訪れは早い
◇気象台の桜の開花予想は早くなって本日現在仙台では4月8日で平年より早い
◇本日の仙台は18℃を超える暖かさであった
◇今日、お寺の庭で見た桜はもう咲いていた(早咲き種であろうが・・・)
◇というわけで、私の中では「桜は咲いた」である
◇それにしても今年の花粉症はひどい。毎日悩まされている。北海道がなつかしい!

    


Posted by OOAKAGERA at 23:00

2013年03月15日

3月15日(金)の鳥見 今週の特記いろいろ

今週の鳥見メモ 2013.3.09(土)~3.15(金)

◇区内「地回りルート」で見かけた鳥

■田んぼ
 ミヤマガラス多数(田起こし中)コクマル淡色見当たらず   ムクドリ   
 ハクセキレイ   ツグミ   トビ

■森
 ホオジロ   エナガ   オオマシコ9(うちきれいな♂2)   カケス
 ・オオマシコの小群まだいる。いつものところで盛んに採餌。
       

■沼
 コハクチョウ37   カルガモ   オナガガモ   コガモ   マガモ
  ハイブリツドマガモ(×カルガモ)   ムクドリ   ツグミ   カワウ
 トビ   アオサギ
 (近くの田)コハクチョウ13
 ・ハイブリッドカモはマガモに近い、カルガモとの交雑と推定。とすると「マルガモ」  
  

■被災田んぼ ノスリ   アオサギ   チョウゲンボウ   ホオジロ
 ・ポンプ場の道路より海側は工事のため立ち入り禁止。観察できず。

■干潟(週前半)
 ノスリ   ムクドリ多   ツグミ   スズガモ   ヒドリガモ
 カワウ   オオバン   ホオジロガモ   オカヨシガモ   コガモ
 カワラヒワ10+   ホシハジロ   カルガモ   オナガガモ
 カイツブリ2
 ユリカモメ   ウミネコ   ハクセキレイ   カワウ   カモメ
 オオセグロカモメ   ツグミ   マガモ   ヒバリ   コクガン3 ベニヒワ2 
 ・ベニヒワ、コクガンまだいた
   

■干潟(週後半)
 ユリカモメ多   ウミネコ多   ホオジロガモ   カワウ多   シロカモメ1
 マガモ   ヒドリガモ   ハクセキレイ   カモメ   オオセグロカモメ
 スズガモ   カンムリカイツブリ   カワラヒワ40   オナガガモ
 ハマシギ1
 ・ベニヒワはみあたらなかった。

<以下はエリア別>
■県南大川、河口
 ハジロカイツブリ100-(換羽中)   ウミアイサ♂   ホオジロガモ   カルガモ
 オナガガモ   カンムリカイツブリ   オカヨシガモ   カモメ   ウミネコ
 ホシハジロ   ホオジロガモ
 ・ハジロの群れは最初ミミカイツブリの群れかと思ったが違った
    

■県南潟湖
 カンムリカイツブリ10+   ハジロカイツブリ3   ヒドリガモ
 マガモ   カルガモ   カワアイサ   
 シロカモメ   オオセグロカモメ   オオバン   ウミネコ   カモメ
  ・ウのいた木、土木工事のため伐採されていた。
   

■被災畑地跡
 ツグミ   ダイサギ   アオサギ   スズメ   ホオジロ   ヒバリ
 ハクセキレイ

■県北ふゆみずたんぼ沼 西ルート
 モズ   ホオジロ   ノスリ   オオハクチョウ   カイツブリ
 シメ   シジュウカラ   カワアイサ   トビ   スズメ   カシラダカ
 コゲラ   ハシボソガラス   マガン   ツグミ   ハクセキレイ
 ヒバリ50   オナガ7   チュウヒ   タヒバリ   ムクドリ
 オオヒシクイ   オオハクチョウ   マガン   カルガモ   オオジュリン
 アオサギ   アトリ   オオタカ   アカゲラ   コガモ   キジバト
 ・堤防の上を歩くコース。展望がきき小鳥をよく確認できた。
 ・広い田んぼのはるかかなたに雪をいただく県境の山々、なかなかの景色

  

■同上 北駐車場水路
 ウグイス(C)   カシラダカ

■同上東、田んぼ
 キジ   ホオジロ   カシラダカ   スズメ

■同上遊水地土手から展望
 タゲリ   ホオジロ   カシラダカ   スズメ
 ・工事中のため堤防上を移動できない

■同上南駐車場から沼がみえるところまでを往復
 ヒバリ   オオジュリン   カワアイサ   ホオジロ   カシラダカ
 カワウ   ベニマシコ♀   ツグミ   ダイサギ   カワラヒワ
 オナガ   エナガ   シジュウカラ   ウグイス(s)   ミソサザイ
 ・ウグイスのさえずり初認

■同上遊水池
 タゲリ30-   アオサギ   コガモ多   オオヒシクイ   オオハクチョウ
 オナガガモ   マガモ   ジョウビタキ    マガン   コチョウゲンボウ2
 ノスリ
    

■市内南部の大河下流域
 コガモ   セグロセキレイ   オオジュリン   ハクセキレイ   カルガモ
 トビ   カワラヒワ   ジョウビタキ   ムクドリ   ハシボソガラス
 カワアイサ   オオバン   マガモ   シジュウカラ   スズメ
 ツバメ2初   ツグミ   モズ♂   ユリカモメ   オナガガモ
 カルガモ白変?   オオハクチョウ   カワウ   キンクロハジロ
 コサギ   アヒル   ホシハジロ   ホオジロガモ   イワツバメ
 キジバト   アオジ   イカルチドリ    ノスリ   シメ
 タヒバリ   ダイサギ   ホオジロ
 ・天気はよかったが風があり気温が低く寒く感じた。小鳥の出もいまいちだったが丁寧に見てゆくと少しずつ出た
 ・ツバメ・イワツバメは初認。
     


Posted by OOAKAGERA at 18:21

2013年03月08日

3月8日(金)の鳥見 ナベヅルなど

今週の鳥見メモ 2013.3.02(土)~3.08(金)

◇区内「地回りルート」で見かけた鳥
 エナガ10+   シジュウカラ
 ユリカモメ   カモメ   オオセグロカモメ   カワウ   アオサギ
 カルガモ   マガモ   ホシハジロ   キンクロハジロ   カワアイサ
 スズガモ    ミコアイサ   ベニヒワ   マヒワ   
 ツグミ   ノスリ   ハクセキレイ   ヒバリ   アカゲラ♂
 コゲラ   ヤマガラ   キジ   カヤクグリ   エナガ   ヒヨドリ
 ヒガラ   カシラダカ50+   ルリビタキ
■ベニヒワ
・2羽、まだいる。カシラダカ、マヒワの小群とつかず離れず。

◇ナベヅル
■新聞に載ってからでもだいぶ経つがまだいる。額左、うすく赤斑が確認できた。
    

◇ハヤブサ
■お城の山、いつもの場所。今回は2ショット。
  

◇アオジ
■市内を流れる大河、下流域。

◇気温が上昇したせいか場所により鳥の気配がまったくない日があった。  


Posted by OOAKAGERA at 21:48

2013年03月01日

3月1日(金)の鳥見 今週も特記なし

今週の鳥見メモ 2013.2.23(土)~3.01(金)

◇主なみた鳥みれなかった鳥(トピックス)
■マガン
・県北の田んぼ、雪の中大群がたむろして休息または餌探し。北帰行はまだか
   


■カシラダカ
・1000羽単位の大群は見かけなかった。10羽程度の小群。

■ミヤマガラス
・久しぶり300羽ほどの群れをみた。コクマルガラスは見当たらず 

■写真に撮れた鳥
    

  
    


Posted by OOAKAGERA at 14:54