2012年10月31日

10月31日(水)の日記 日本ハムサヨナラ勝ちオメデト

この文は日ハムファンの方のみ読んでください。

◇札幌ドームで行われているプロ野球日本シリーズ第4戦は、両チームチャンスはあるが点が入らず総力戦の上で日本ハム飯山が延長十二回にサヨナラ打を放って勝利し、対戦成績を2勝2敗のタイにした。
◇日ハム中村、巨人宮国両若手がよく投げて7回まで0点に抑えて、緊張感のあるつばぜり合いとなった。両監督とも早めの投手リレーでなかなか点が入らない
◇日ハムは勝ちパターンの投手をどんどんつぎ込み、残りのメンバーで延長の規定15回まで持つか心配した
◇巨人に守りのミスが出てランナーが残り流れが日ハムとなりサヨナラまでいった。巨人にはミスをした若手をカバーして一丸となって守り抜こうという雰囲気がよみとれなかった。敗因はこのあたりとみた
◇いずれにせよ長い時間をかけた試合に勝って本当によかった。明日もガンバレ
◇明朝も早起きしてジョギングのつもりだが、起きられるか・・・・

  


Posted by OOAKAGERA at 23:29

2012年10月30日

10月30日(火)の鳥見 アオアシシギまだいる

◇e0gl田んぼ
 カワラヒワ100+   スズメ   モズ

    


◇t@m4干潟とその周辺
 イソヒヨドリ   コガモ   カルガモ   キンクロハジロ 
 ハシビロガモ   アオアシシギ4   ウsp   コサギ
 オシドリ   カイツブリ   ハクセキレイ   ダイサギ
 アオサギ   ホオジロガモ♀   オオセグロカモメ
 セグロカモメ   ユリカモメ   シロチドリ20-   ウミネコ
 ミサゴ   チョウゲンボウ   スズガモ   ヒバリ

 ・下写真のシロチドリはよくよくよくみないとわからないかも。

    

  


◇南t@m4
 ノスリ   トビ   カワラヒワ   オオジュリン


◇6tq@田んぼ
 ミヤマガラス群


◇usl市/w@dj台団地と周辺
 マガモ   ヒドリガモ   カルガモ   ホシハジロ
 カイツブリ   オオバン   コガモ   ベニマシコ
 アオジ   ホオジロ   キセキレイ   モズ  
 ヒヨドリ   ジョウビタキ   (ガビチョウ)

 ・長期間かけて大規模な造成がされてきた団地。震災復興
  で脚光を浴びている。周辺の池や未開発地・公園の繁み
  などに小鳥の姿があつた。


    

  


  


Posted by OOAKAGERA at 22:34

2012年10月29日

10月29日(月)の鳥見 川は鳥少なし

 マイフィールド#0、地元の川沿いを歩く。レギュラー陣のみ。
 それにしても鳥が少ない、種もその数も。


 ヒヨドリ   スズメ   セグロセキレイ   カルガモ
 コサギ   コガモ   キジバト   トビ   ホオジロ
 マガモ   ハクセキレイ   


Posted by OOAKAGERA at 21:02

2012年10月28日

10月28日(日)の鳥見 タヒバリ ミヤマガラス 

 小雨がパラつく中車で「定食コース」。

◇e0gl田んぼ
 カワラヒワ500+   スズメ   タヒバリ   ヒバリ
 オオジュリン   ノスリ   トビ   ハクセキレイ

 ・田んぼに大豆を植えているエリアに小鳥が多い。米を収穫した
  エリアには少ない。
 ・カワラヒワの大群にはびっくり(下写真)


    

  


◇t@m4干潟とその周辺
 アオアシシギ4   ウsp   ウミネコ   カルガモ   コガモ
 ハシビロガモ   アオサギ   ダイサギ   コサギ   オオセグロカモメ
 スズメ   キンクロハジロ   ヒドリガモ   オオバン   カイツブリ
 カンムリカイツブリ   マガモ   スズガモ

   


◇南t@m4
 アオサギ   ハクセキレイ   ダイサギ   ヒバリ
 カワラヒワ   スズメ   オオジュリン   タヒバリ10+
 チョウゲンボウ   キジ♂

 ・タヒバリは遠方の地面、草に隠れて移動するので証拠写真もままならず。
  やっと撮ったが・・。


    


◇6tq@田んぼ
 ミヤマガラス500+

 ・ミヤマガラスは今シーズンも多いのか。それにしても500+はかなりの迫力。

   


◇3t沼とその周辺
 オナガガモ   マガモ   オオバン   カルガモ   
 コハクチョウ4   カイツブリ   ヒドリガモ 
 コガモ   ウsp

 ・沼にはカモが増えた。
 ・カモ類は換羽中のものもいた


  


◇66沼
 マガモ   オオバン   コハクチョウ   ヒドリガモ
 オナガガモ   コガモ   ウsp

  
   
    


Posted by OOAKAGERA at 17:52

2012年10月27日

10月27日(土)の日記 二口峡谷の紅葉

秋保温泉の奥、二口峡谷に紅葉を見に行った。
◇①キャンプ場の手前の駐車場に車をおき自然歩道を姉滝までゆっくり歩いた。車まで帰り②車で磐司岩の望めるポイントまで登り、Uターン・・というコース。
◇磐司岩まわりの紅葉はピーク、下の方はもう少しあとといったところ


◇遊歩道はアップダウンがあるがそれほどきつくない。姉滝まで2時間ほどかけて紅葉を楽しみながらのハイキング。

    

◇車道は狭く、すれ違いの出来ないところで車がかち合って渋滞を生じていた。
◇磐司岩まわりの高所は紅葉がピークと思われなかなかの景観。

   

◇雨が降らなければ明日も観楓には絶好。

<追記;本日の鳥=おどろくほど鳥にあわなかった>
 ヤマガラ   コガラ   シジュウカラ  


Posted by OOAKAGERA at 20:16

2012年10月26日

10月20日(土)の日記 南蔵王長老湖の秋

◇県南部の中山間地、七ケ宿町に「長老湖」という小さな湖がある。
◇先週末、紅葉には早いのはわかっていたが最近の様子が見たくて久しぶりにたずねた。
◇①湖を一周し、②近くの川(横川)にかかるやまびこ橋まで往復した。
◇湖は静かで紅葉の不忘山を背景にしたたたずまいはまさに一幅の絵のようである。
◇遠い昔にここに来たことがある。当時の写真があった。国道4号線は車が少ない。昔は「長老沼」と読んでいた思い出がある。まわりの様子はだいぶ変わった。

    
 
◇南蔵王ユースホステルに泊まったこともある。昔は若者がリュックをかついで旅をすることが盛んでユースホステルも各地にあったが中でもここは人気があった。
◇南蔵王地域は、現在は酪農が盛んであるが過去をさかのぼれば苦難の歴史がある。
◇このあたり藩政時代には仙台藩が狩猟場をおいた深山幽谷だった。
◇第2次大戦末期、昭和20年3月の東京大空襲の日に米軍の爆撃機B29が3機も不忘山に墜落した事故があった。敵国の兵士達だが地元の人々はねんごろに弔ったとのことだ。この日になぜB29がここに来たのかはいろいろな推測がされている。
◇戦時中、鎌先・遠刈田・小原温泉には東京の学童が疎開していた。子供達は親元を離れて苦しい生活を強いられた。また昭和20年3月10日の東京大空襲にからむ悲話もあった。卒業の時期と空襲の日が重なったのが悲運といえるかもしれない。卒業のために疎開生活から開放されたが東京に帰ってから空襲で本人が亡くなったり親が亡くなったりといった実話があるようだ。
◇内田康夫の推理小説浅見光彦シリーズ「美濃路殺人事件」では宮城県に学童疎開した東京の児童の話が重要な鍵になっていた。東京大空襲・白石の紙漉の和紙が事件解決のキーポイントでもあった。
◇戦後は海外から引き上げてきた人たちが開拓民として入植し、筆舌に尽くしがたい苦労の末山林を切り開いた。
◇宮城県の小学生用の副読本として南蔵王開拓の苦労話が採用されていたとのこと(私は覚えていないが)。
◇このようにして開拓された南蔵王もご他聞にもれず過疎となり、七ケ宿町の人口約2千人弱のうちほぼ半数が65才以上のお年寄りとのこと。いくつかあった小学校の分校もほとんどが閉鎖された。
◇長老湖のユースホステル前まで通じていた路線バスは廃止され地元で運行しているバスがかろうじて走っている状態。ユースホステル自体閉鎖されているようだ。
◇そんな歴史があっても不忘山は動かず変わらぬ錦秋で飾ってくれている。紅葉のピークは今週末とのこと。

◇写真は<左>不忘山と長老湖、<右>やまびこ橋
   
  


Posted by OOAKAGERA at 20:26

2012年10月26日

10月26日(金)の鳥見 ミヤマガラス

◇我が家の窓の下の公園
 ジョウビタキ(昨日から声)

◇市内e0gl田んぼ(電線)
 ミヤマガラス

◇t@m4干潟と草原
 ウミネコ   ユリカモメ   オオセグロカモメ   ダイサギ
 コサギ   アオサギ   ウsp   カルガモ   キンクロハジロ
 ハシビロガモ   ノビタキ   オオジュリン   シロチドリ20<
 トウネン1

    

  
 

  


Posted by OOAKAGERA at 18:41

2012年10月25日

10月25日(木)の鳥見 アオゲラを堪能

 隣県の将棋で有名な市を訪問、所要のついでに街の中央の古城跡の公園で鳥見。

 ヤマガラ   カケス   アオゲラ   メジロ
 ヒヨドリ   コゲラ   シジュウカラ   アカゲラ

 ・公園は小山状、その頂上の大ケヤキは少し紅葉
 ・大きな公園だが整備がゆきとどいている印象
 ・最も紅葉が進んでいた木


    

 ・アオゲラがあちこちで姿を現わした。下左写真はツーショット。

    


   


Posted by OOAKAGERA at 20:42

2012年10月24日

10月24日(水)の鳥見 アマツバメの大群が通過

◇t@m4干潟
 沖合いは強風、また干潟に避難している珍鳥がいるのではと甘い期待のもと
早朝の干潟を観察に。残念レギュラー陣ばかりでした。6時前にもうサーファー
の姿があった。


 ダイサギ   コサギ   アオサギ   ウ   カルガモ   ウミネコ
 ハクセキレイ   

  

 昼前にあらためて鳥見に行く、風が強い。

 ウミネコ   オオセグロカモメ   ウ   コサギ   アオサギ
 ダイサギ   カルガモ   ハクセキレイ   ミサゴ   ヒバリ
 キンクロハジロ   アマツバメ500<   ハシビロガモ   コガモ
 マガモ

 ・11:00-12:00間、アマツバメの大群が干潟を通過した。

   

◇南t@m4
 ホオジロ   ダイサギ   アオサギ


◇3ofj北海岸林

 ミサゴ2+   オオタカ   トビ   ノスリ   ハクセキレイ
 カシラダカ4   カワラヒワ   ビンズイ2   ダイサギ
 カルガモ   ヤマガラ   コゲラ   キジバト   ムクドリ50+

 ・このあたりの松林は沿岸のうちでも幅が広い。津波によって倒れたり
  流された木が多いが、それでもなんとか持ちこたえた木も多く現在も
  鳥たちにとっては貴重な「林」である。じっくりみてるといろんな鳥
  がいる。復興にあたっては緑を常に確保した状態で部分的に植え替え
  てゆく方法がとれないものか。


    

    


◇66沼
 マガモ   コガモ   オオバン   カイツブリ   ヒバリ
 ハシビロガモ   コハクチョウ2   ヒドリガモ


◇3t沼
 ヒドリガモ   ハジロカイツブリ2   オカヨシガモ   カルガモ
 マガモ   オオバン   オナガガモ   コガモ   アオサギ
 カイツブリ

     


Posted by OOAKAGERA at 20:00

2012年10月22日

10月22日(月)の鳥見 森には冬の小鳥はまだ

◇:YNYの森
 セグロセキレイ   シジュウカラ   コゲラ   ヒヨドリ
 ウグイス   アオジ   ホオジロ   カケス   ヤマガラ
 エナガ   カルガモ   マガモ   コガモ   ジシギsp

 ・北側のアプローチ道は相変わらず通行止め。ただし道路の陥没補修は
  終了し、あとは舗装。今月末には完了と表示してある。
 ・南側のアプローチ道も相変わらずお城の入り口までしか行けない。
 ・クマが姿をみせた話は出くわした方から聞いている。


    

 ・森の紅葉のピークはまだあと2週間くらいあとか。局部的にはきれいな木もある。
 ・鳥の写真はコゲラのみ。


    


◇TP沼
 オナガガモ   カルガモ   コブハクチョウ1   キンクロハジロ
 ヒドリガモ   ホシハジロ   ハシビロガモ   マガモ   オオバン
 カイツブリ   コガモ   オカヨシガモ   ハクセキレイ   ヒヨドリ
 シジュウカラ

 ・平日だが公園はバーベキュー(芋煮会?)を楽しむ人で結構混んでいた。
 ・先日クロハラアジサシの群れが休憩していた岸近くの小岩にカメがいた(写真に3匹
  写ってます)
 ・オカヨシガモは1羽だけ確認できた。


    

  
 
       


Posted by OOAKAGERA at 18:17

2012年10月21日

10月21日(日)の鳥見 小型のシギチ少しばかり

◇t@m4干潟
 シロチドリ4   ハマシギ10-   トウネン1
 キンクロハジロ   カルガモ   オオセグロカモメ   ウsp
 ミサゴ2   ハシビロガモ   ダイサギ2種   マガモ
 カイツブリ   トビ   ムクドリ   アオサギ   コガモ
 タカsp(オオタカかハイタカ)   コサギ   

 ・砂浜に小型のシギチが風をよけていた。
 ・ダイサギは亜種ダイサギと亜種チュウダイサギが混在
 ・サーファーが引き上げたあと、駐車場には車が4台。なんと北海道のナンバー
  が2台、九州・沖縄が2台。さすが全国区の探鳥地!
 

    

    

    


Posted by OOAKAGERA at 19:59

2012年10月20日

10月20日(土)の鳥見 コアオアシ・タシギ

◇slの海<潟湖の外>
 ハシビロガモ   コガモ   亜種ダイサギ   亜種チュウダイサギ
 コアオアシシギ5   タシギ2   アオアシシギs
 ハクセキレイ   アオサギ   スズメ   ハヤブサ   ヒドリガモ
 カルガモ   マガモ   ヒバリ

 ・水位が高くシギチの居場所が狭くなり、カモが増えていた。
 ・ハヤブサがコガモの群れに突進するもゲツト出来ず、同じことを数回
  繰り返し。


    

      


Posted by OOAKAGERA at 22:07

2012年10月20日

10月19日(金)の日記 日本ハム日本シリーズへ

日本ハムファンの方のみ読んでください。


◇日ハムはCSシリーズ・ファイナルステージで、ソフトバンクに3連勝し日本シリーズ進出が決まった。おめでとう!
◇札幌ドームから送られてきた写メを以下に添付。栗山監督の胴上げはなかったようだ。リーグ優勝で胴上げ済み、あとは日本一決定の時らしい。
◇北海道に住んでいた時、日ハムが北海道に来て初めての日本シリーズの試合をテレビで見て選手の名前を親しみをもって覚えたのが日ハムファンになったきっかけ。今回もさらに新しいファンが増えそう。がんばれ日ハム、イケイケ日本一まで。

   

◇この日が現役最後の試合となったソフトバンク小久保選手の胴上げが行われた

    


Posted by OOAKAGERA at 06:10

2012年10月19日

10月19日(金)の日記

肩の力を抜いて読んでください。

◇先日朝ジョギング中にコサギが川の中央に集まっていた。その数15羽。これだけ集まっているのは珍しい。
◇ガアガア演説したりしているやからもいたのでサミツトでも開催しているのか。会議のあとは夫婦同伴で観光旅行か。
◇それとも安全確認の朝のツールボックスミーティングか。とするとこれから皆でマイクロバスに乗って工事現場に急行か
◇それともただ偶然に一緒になつただけで、またばらばらに散っていくのか → ふめい  


Posted by OOAKAGERA at 22:15

2012年10月19日

10月19日(金)の鳥見 シメシメ

◇ntn,公園
 ヒヨドリ   シジュウカラ   コゲラ   メジロ
 ビンズイ   ウグイス   ハクセキレイ   シメ
 カケス

 ・その昔軍の学校があったところ。平日は人は少ない
 ・本日鳥の出はわずか


    


Posted by OOAKAGERA at 15:54

2012年10月18日

10月16日(火)の日記 栗駒山の紅葉を求めて

 今年も紅葉を求めて栗駒山に登った。
◇あまりに好天の予報でもったいなくて出かけた
◇コースは中央コース。いわかがみ平から1時間半で頂上との説明が
 あったが当方のんびり登山で約2時間で頂上。
◇紅葉のピークと思っていたが、頂上付近は紅葉は盛りを過ぎていた。
◇総合的にみて昨年よりも紅葉は鮮やかでない。
◇一番きれいなポイントはいわかがみ平のレストハウスから見た東栗駒
 の大斜面の紅葉でした。
◇平日なのに好天のせいか10時についたら駐車場は満車直前。
◇休日は少し下に車を置いてシャトルバスでいわかがみ平に向かうこと
 になる
◇今週末は紅葉を楽しむ最後の休日となりそう

    

      


Posted by OOAKAGERA at 23:25

2012年10月18日

10月18日(木)の鳥見 カモはどんどん増えている

◇t@m4干潟
 カルガモ   ダイサギ(亜種ダイサギと亜種チュウダイサギ)   カワラヒワ
 キンクロハジロ   ウミネコ   カワウ   コガモ   ハクセキレイ
 ハシビロガモ   コサギ   ヒバリ   アオサギ   オオセグロカモメ
 ミサゴ   スズメ   ヒドリガモ   ホシハジロ

 ・亜種ダイサギは2羽はいた。
 ・亜種ダイサギはアオサギより大きく脛が薄い黄色で太い(下左中写真参照)、
  右写真は亜種ダイサギと亜種チュウダイサギの2ショット


     

 ・本日の導流堤まわり。コサギ。

   


◇南t@m4
 アオサギ   ダイサギ   コサギ   チョウゲンボウ   カワラヒワ


◇3t沼
 カイツブリ   ヒドリガモ   オナガガモ   カルガモ   マガモ
 コガモ   オオバン   (上空)コハクチョウ2

   


◇66沼
 コガモ   オオバン   マガモ   オナガガモ   カルガモ
 ハシビロガモ   ウsp   トビ

  


◇tp沼
 ハシビロガモ   トビ   オオバン   ホシハジロ   コブハクチョウ1
 オナガガモ   ハクセキレイ   コガモ   カルガモ   ヒドリガモ
 カイツブリ   キンクロハジロ   オカヨシガモ   ミサゴ
 セグロセキレイ

     


Posted by OOAKAGERA at 22:15

2012年10月16日

10月16日(火)の鳥見

◇4a沼(ふゆみず田んぼで著名な沼の隣の沼)
 オオバン   オナガガモ   オオハクチョウ   マガモ
 ハクセキレイ   コガモ   ダイサギ   マガン

◇同上周辺および近隣田んぼ
 ・万単位のマガンの群(2箇所は確認出来た)
 ・母集団があまりに多くの数でその中から変わった種をみつけるのは至難の業
  本日変わった種のガンは確認できなかった。
 ・帰路、暗くなりかけた空を多数のマガンの編隊が沼を目指して移動していた。


     


Posted by OOAKAGERA at 23:04

2012年10月16日

10月14日(日)の日記 通行止め「単管バリケート゛」

12月19日に移動しました(追加しました)  


Posted by OOAKAGERA at 22:53

2012年10月14日

10月14日(日)の鳥見 干潟を覗く

◇t@m4干潟
 ハマシギ9   シロチドリ4   アオアシシギ2   キアシシギ1
 ダイサギ   アオサギ   コサギ   トビ   ウ   
 ウミネコ   オオセグロカモメ   カイツブリ   ハクセキレイ
 ノスリ   キンクロハジロ   ハシビロガモ   カルガモ
 コガモ
 
  


Posted by OOAKAGERA at 21:15